アートと工芸で彩られた、昔と今が息づく古民家宿。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

アートと工芸で彩られた、昔と今が息づく古民家宿。

『カーサ ブルータス』2021年1月号より

三重県桑名市に誕生した〈MARUYO HOTEL Semba〉は、70年以上の歴史を持つ材木商の古民家をリノベーションした一棟貸し宿だ。

2階ラウンジ。
2種類ある客室の1つ「room1」。露天風呂付き。
土壁や梁など元の構造は残しつつ生まれ変わった室内空間は、名古屋で活動する〈Gallery NAO MASAKI〉がディレクションを担当。内田鋼一のカップや城所右文次のバンブーチェアなど、年代を超えたアート・工芸の名作が随所に配され、心地よい滞在を演出する。
内田鋼一のカップなど工芸の傑作がさりげなく使われる。

〈MARUYO HOTEL Semba〉

三重県桑名市船馬町23 TEL 090 2773 0004。1棟貸し2名利用で1泊朝食付き1名33,000円〜。定員4名。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます