建築家・谷尻誠が選ぶ、デザインと機能性のいいキャンプ道具10選。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家・谷尻誠が選ぶ、デザインと機能性のいいキャンプ道具10選。

都会から自然の中へ。今でこそ過密を避けるため、なんて理由も思い浮かびますが、そもそもキャンプはすごーく楽しいもの。建築家の谷尻誠さんも愛好家のひとりで、今年から自身がプロデュースするキャンプ事業もスタート。そんな彼に、デザインと機能性の観点からオススメするキャンプギアを選んでもらいました。

・ありそうでなかった、黒のテント。

《ZIZ TENT SHELTER BLACK》148,000円。
広々とした前室は家族やグループのリビングルームに。
設営時には幅3.1m、奥行き5.8m、高さ約2mとゆったりした空間に。
見た目だけでなく、パーツの信頼性も満足のいくクオリティだ。
こちらは2人用の《BLACK BEAK 2P》36,500円。少人数でのコンパクトなキャンプに最適。
ムラコ《ZIZ TENT SHELTER BLACK》

洗練、ミニマル、機能性。谷尻が手がけた建築や空間でただちに思いつくキーワード。その感性や志向はもちろん、キャンプにも貫かれている。数あるテントのなかから、吟味してたどりついたのが〈ムラコ〉。

「黒がいい。それが僕と妻の第一の条件だったんです。テントとしてはあまり用いられることのないカラーリングなのは知っていましたけど、やはり好きな色なので(笑)。キャンプだからって日常の感覚と乖離したくないというか。ひとつながりでいたかったんですよね。つくりもすごくしっかりしているし、愛用しています。工場にもお邪魔したくらいなんですよ」。

もとは埼玉県にある老舗の金属加工工場による新規事業として、2016年にスタートしたブランド。ブラックやグレーなどソリッドなカラーリングに目を引かれるが、ポールやペグなどテントを支えるパーツの信頼性も抜群だ。谷尻はファミリーユースに最適な2ルームテントを使用しているが、シングルやペア向けなどコンパクトなモデルもラインナップする。

公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます