長屋に満ちる世界観で、五感を刺激する初の路面店。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

長屋に満ちる世界観で、五感を刺激する初の路面店。

『カーサ ブルータス』2020年6月号より

「世界基準のスタンダード」をコンセプトにする〈ポータークラシック〉。ブランド初の路面店が、関西初でもある〈Porter Classic 京都〉として登場。

お針子さんのアトリエ。
ミュージアムスペース。
1点ものの制作も行う。
次世代まで愛され続けるメイド・イン・ジャパンのもの作りを追求する〈ポータークラシック〉。その世界観を展開するのは2階建ての長屋だ。「作る場」と「販売の場」をひとつ屋根の下にすることをテーマに、ショップ、中庭、ミュージアム、ライブラリー、アトリエを融合させる形でリノベーション。

なかでも注目すべきは、カスタム依頼の制作やアイテムの修理などが行われる2階のアトリエ。目の前で繰り広げられるお針子さんの仕事ぶりからも〈Porter Classic〉の製品へのプライドが伝わってくる。

その奥には展示内容が期間ごとに変わっていくミュージアムや、これまで〈Porter Classic〉を形成し刺激を与えてきた資料や書籍が並ぶライブラリーが。ただ買うだけではない、ブランドの真髄に触れることができる空間が誕生した。
壁面のデザインなど、細部にもこだわりが光る。
リースで彩られたピースマークが目を引く。
〈Classic〉には時代の流行にとらわれない、シンプルで上品なアイテムやデザインという意味が込められている。文字をかたどった什器も。
階段には〈Porter Classic〉の衣類や鞄に使われる素材の名前がハンドペイントされている。

〈Porter Classic 京都〉

京都府京都市中京区柳馬場通錦上る十文字町453-6 TEL 075 251 6790。11時〜20時。不定休。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます