デンマークとノルウェー、北欧デザインのミックスにくつろぐ。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

デンマークとノルウェー、北欧デザインのミックスにくつろぐ。

青山にある〈カール・ハンセン&サン〉のショールームでは、ノルウェーのオスロ発の〈フグレン〉とコラボレーションして、家具とコーヒーの魅力を堪能できるイベントを実施。北欧家具のすばらしさがあらためて実感できる。

2階で展開している〈CARL HANSEN & SØN ×FUGLEN COLLABORATION LOUNGE〉では、〈フグレン〉と〈ノルウェージャンアイコンズ〉のプロデューサー、ペペ・トルルセン(左)がカール・ハンセン&サンのアイテムとノルウェーのデザインをミックスしてスタイリングした。
〈カール・ハンセン&サン〉は、ハンス・J・ウェグナーはじめ優れたデザイナーの名作を揃えるデンマークの家具ブランド。このイベントでは、〈フグレン〉のプロデューサーであり、ノルウェーのヴィンテージデザインに精通するペペ・トルルセンが展示のスタイリングを担当している。デンマークとノルウェーのモダンデザインを織り交ぜることで、より深みのある空間が現れた。
デンマークとノルウェー、2つの国のデザインの共通性と違いについて語るペペ・トルルセン。
このイベントに足を運ぶなら、10月31日、11月1日、11月3日が断然おすすめ。〈フグレン〉のバリスタがハンドドリップで淹れるコーヒーが店内でオーダーできるからだ。〈カール・ハンセン&サン〉がラインアップするラウンジチェアに体を預け、その座り心地とコーヒーを味わうことができる。ダイニングチェアともソファとも違い、ラウンジチェアはゆったりした気分で自分だけの時間を過ごすのに最適のアイテム。この機会に、普段はなかなか体験できない心地よさを実感したい。
カール・ハンセン&サンのショールームの1階は、デンマーク随一のクラフツマンシップを誇るルド・ラスムッセンのコーナー。