〈コム デ ギャルソン〉のショーを彩ったサウンドが最高音質で復刻。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈コム デ ギャルソン〉のショーを彩ったサウンドが最高音質で復刻。

1987年より〈コム デ ギャルソン〉の川久保玲の依頼でオノ セイゲンが制作をスタートした楽曲たちが、30周年記念『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』としてリリース。また、未発表の音源を収録した『CDG Fragmentation』も同時発売される。

「COMME des GARÇONS SEIGEN ONO」2019年1月23日発売。CD (SACD)2枚組4,320円。LP(モノラル)2枚組6,264円。
「CDG Fragmentation」2019年1月23日発売。CD (SACD) 3,240円。LP(ステレオ) 4,104円。
オノ セイゲン
「COMME des GARÇONS SEIGEN ONO」2019年1月23日発売。CD (SACD)2枚組4,320円。LP(モノラル)2枚組6,264円。
「CDG Fragmentation」2019年1月23日発売。CD (SACD) 3,240円。LP(ステレオ) 4,104円。
オノ セイゲン
坂本龍一『メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス』をはじめ、国内外を問わず数々のアーティストを手がけ、日本を代表するレコーディングエンジニアとして知られるオノ セイゲン。音楽家としてのキャリアも長く、87年には「洋服が綺麗に見えて誰も聴いたことがない音楽」という川久保玲の要望に応えて、〈コム デ ギャルソン〉のショー用の音楽を制作。1月23日発売の『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』には、過去のショーを彩ってきたそれらの楽曲たちが、オノ自身によるリマスタリングのもと収録されている。

リリースされるのは、オノが「現在考えられる最高の音質で仕上げました」と語る、SACD版とモノラル33回転によるLP版の2種類。ジャケットは、〈コム デ ギャルソン〉のほか、宮沢りえの写真集『Santa Fe』などを手がける広告業界の巨匠・井上嗣也がデザインしている。

同時発売の『CDG Fragmentation』には、97年以降のショーにおける川久保玲からの「“音”は使用するが、“音楽”ではない」というリクエストに基づいて制作した、当時の未発表楽曲を収録。演奏の一部や生活音、ノイズなどのサンプリングによって構成されている。

「COMME des GARÇONS SEIGEN ONO」
アーティスト/SEIGEN ONO ジャケット・デザイン/井上嗣也。CD (SACD)2枚組4,320円。LP(モノラル)2枚組6,264円。2019年1月23日発売。

「CDG Fragmentation」
アーティスト/SEIGEN ONO ジャケット・デザイン/井上嗣也。CD (SACD) 3,240円。LP(ステレオ) 4,104円。2019年1月23日発売。