新旧のショップが融合。高架下がもっと楽しくなる。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

新旧のショップが融合。高架下がもっと楽しくなる。

池上線高架下の複合商業施設をSUPPOSE DESIGN OFFICEが設計。高架下の特徴的なスペースを生かした新しいコミュニティとは?

天井のガラス窓を通じて、外光が差し込み施設内を明るく照らす。
東京の五反田と蒲田を結ぶ東急池上線。その五反田駅〜大崎広小路駅のあいだを抜ける高架下の空間に、新たな商業施設〈池上線五反田高架下〉が誕生した。オープンしたのは、自転車を通じたライフスタイルを提案する〈STYLE-B〉、ベルギービールが堪能できる〈RIO BREWING & CO.東京醸造所〉をはじめとする5店舗。

施設デザインは、谷尻誠+吉田愛が率いるSUPPOSE DESIGN OFFICE。太い土木柱が並ぶ独特の空間をインテリアとして生かしつつ、高架橋に寄り添い、既視感や懐かしさが感じられる施設になっている。
〈STYLE-B〉は、自転車の販売、修理を行うほか、室内駐輪場、コインランドリー、八百屋、カフェも併設している。
さらにもともと高架下にあった「ラーメン魁力屋」や昭和テイストの飲食店7店舗が入る「五反田桜小路」も同時に外観をリニューアルし、新旧のショップが融合し、新しい高架下コミュニティとなることを目指している。

〈池上線五反田高架下〉

東京都品川区西五反田1-22-4
ほか。TEL 03 3477 0109(東急お客さまセンター)。