猫ともっと仲良くなれる本・お利口編【吾輩堂セレクト】 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

猫ともっと仲良くなれる本・お利口編【吾輩堂セレクト】

『カーサ ブルータス』2019年10月号より

あなたの身近にいる猫はどんな性格? 福岡の猫専門書店〈吾輩堂〉が、猫の性格別に猫本をセレクト。愛猫をより深く理解するためのブックガイドです。

【お利口】もしかして人間の言葉が分かる!?️ そんな気さえしてくる賢い猫。

『吾輩は猫である』夏目漱石(新潮文庫)630円。 言わずと知れた、日本初の猫が主役の小説。「日本一有名な猫本ですが、触りしか読んでいない人も多いのでは? 賢い猫が明治のインテリをぶった斬る、痛烈かつ愉快な文明批評。スマート猫の代表はやっぱり“吾輩”ですね」。
『牝猫』コレット(岩波文庫)600円。 美しくエレガントで賢い。これは物語に登場する牝猫への形容。新婚夫婦と猫の奇妙な三角関係を描いた仏文学。「自己主張の強い人間の妻と対照的に、牝猫サアが賢く男の心を掴む様子に息を呑みます。実に猫らしい猫の姿」。
『ねこの法律とお金』渋谷寛 監修(廣済堂出版)1,500円。 賢い猫は、法律とお金についても飼い主に学ばせてくれる。ペット禁止物件で猫を飼ったら? 猫のための生涯必要経費は? 猫を通して見えてくる、世の中の仕組み。「可愛がるだけではなく、人も猫も賢く生きるために」。
『猫は、うれしかったことしか覚えていない』石黒由紀子 文、ミロコマチコ 絵(幻冬舎)1,300円。 猫好きエッセイストと、猫好き画家が、猫から学んだ59の人生訓をまとめたエッセイ。「猫との日常をユーモアたっぷりに描き、彼らの賢く潔い生き方から、振り返らず、前向きに生きていく明日への元気をもらう気がします」。
『猫はこうして地球を征服した』アビゲイル・タッカー(インターシフト)2,200円。 全米ベストセラーのサイエンスブック。猫=地球の征服者とし、紀元前からネット時代まで猫と人の関わりを分析。「原始時代は人を捕食していたネコが心理的に人間を従えるようになるまでを学術的に論じています」。
※価格表記のない本は絶版ですが、古書として販売されています。

本を選んだ人

書肆 吾輩堂 福岡県福岡市の日本初の猫本専門書店。古書から新刊まで、幅広く猫にまつわる本を扱う。九州の作家とコラボレーションしたオリジナル猫グッズも販売。著書に『猫本屋はじめました』(洋泉社)がある。https://wagahaido.com

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます