〈GYRE GALLERY〉第1弾はデヴィッド・リンチにフォーカス。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈GYRE GALLERY〉第1弾はデヴィッド・リンチにフォーカス。

4月19日より、表参道のファッション複合ビル〈GYRE〉3階にあるギャラリースペース〈EYE OF GYRE〉が〈GYRE GALLERY(ジャイル・ギャラリー)〉として新たに生まれ変わる。第1弾を記念し、デヴィッド・リンチの展覧会が開催される。

映画監督、脚本家、プロデューサー、ミュージシャン、アーティスト、俳優としても活躍するデヴィッド・リンチは、シュルレアリスティックな作風と個性的な映画スタイルを確立した、“カルトの帝王” とも呼ばれている。この本展はタイトルにもなっている「精神的辺境の帝国」というコンセプトに合わせ、デヴィッド・リンチ本人とキュレーターを務める飯田高誉により選びぬかれたペインティング7点、ドローイング3点、工業地帯の写真22点、水彩画12点(予定)が展示される。これらは、リンチ初期の代表作『イレーザーヘッド』と、その映画ロケを行った制作現場のフィラデルフィア工業地帯へのインスピレーションに捧げたものとなっており、リンチの創作の原点を見据えた展覧会構成と言える。

「ペインティングと映画には、従うべきルールがある。このルールは、とても親密なもので抽象的なものである。なおかつ、無限の可能性を秘めている。ときにこれらのルールは存在しないとさえも思わせるほどだ。しかし、確かに、ルールは存在する。それらのルールは本には書かれていないが、我々の精神と心の中に内在する。行動と決断の直前、あるいは直後に、それらは直感を通してその存在を現す。これらのルールは、すべての表現媒体に適応する。それらに従えば、幸福がもたらされる」とコメントを寄せている。

『デヴィッド・リンチ_精神的辺境の帝国』展

〈GYRE GALLERY〉
GYRE 3F東京都渋谷区神宮前5-10-1 TEL 03 3498 6990。11時~20時。4月19日〜6月23日。