イサム・ノグチ ─彫刻から身体・庭へ─ | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

イサム・ノグチ ─彫刻から身体・庭へ─

『カーサ ブルータス』2018年9月号より

彫刻から家具、陶芸、デザインまで幅広く活躍したイサム・ノグチの回顧展。

イサム・ノグチ《マーサ・グラハムの舞台「ヘロディアド」のための舞台装置》©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society[ARS] - JASPAR. Photo by Arnold Eagle. 
本展は常にノグチが意識し続けた"身体"と、環境としての"庭園"に焦点を当てる。約80点もの展示作品の中でも身体を描いた《北京ドローイング》や、自身が手がけた庭園の模型、資料に注目したい。

東京オペラシティ アートギャラリー 

東京都新宿区西新宿3-20-2 TEL 03 5777 8600。〜9月24日。11時〜19時(金・土〜20時。最終入場は閉館30分前まで)。月曜休(祝日の場合翌日休)。入場料1,400円。