河井寬次郎没後50年を記念した大回顧展。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

河井寬次郎没後50年を記念した大回顧展。

『カーサ ブルータス』2018年8月号より

民藝運動にも参加した河井寬次郎の没後50年を記念した大回顧展。

《三色打薬双頭扁壺》 1961年頃 個人蔵 撮影:白石和弘
生涯に大きく3度スタイルを変えた陶芸、椅子のデザインや木彫像、彼自身の文章や言葉など、創作活動を多角的に紹介する。河井寬次郎記念館のほか日本初公開の山口大学所蔵作品にも注目だ。

パナソニック 汐留ミュージアム

東京都港区東新橋1-5-1-4F TEL 03 5777 8600(ハローダイヤル)。10時〜18時(入館は17時30分まで)。水曜・8月13日〜15日休。入館料1,000円。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます