特別展 縄文─1万年の美の鼓動 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

特別展 縄文─1万年の美の鼓動

『カーサ ブルータス』2018年8月号より

1万3000年前からおよそ1万年続いた縄文時代。

重要文化財 遮光器土偶 東京国立博物館蔵 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土 縄文時代(晩期)・前1000〜前400年 
独特の造形感覚は岡本太郎を驚かせたことでも知られる国宝・重要文化財を含む縄文の美が地域・時代を超え集結する。

東京国立博物館

東京都台東区上野公園13-9 TEL 03 5777 8600(ハローダイヤル)。〜9月2日・9時30分〜17時(金・土〜21時、日・祝〜18時、7月16日〜18時、入館は閉館30分前まで)。月曜休(7月16日、8月13日は開館、7月17日休)。入館料1,600円。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!