KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015 | KYOTO | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015 | KYOTO

日本と海外から選び抜かれた作家の写真コレクションを集めた写真祭が、今年も京都で開催中。展示場所も、趣のある歴史的建造物やショップを使うなどユニークで、ドイツのマルティン・グシンデの展覧会会場は、坂茂による紙管を使った特設パビリオンが出現している。サテライト会場も多数あり、街全体が芸術に染まりそうだ。

ルーカス・フォ-リア《ドングリとポッサムのシチュー、ワイルドルーツホームステッドにて》、ノースカロライナ、2006 ©Lucas Foglia

京都市内15会場

〜5月10日。開催時間や休日は、各展示場所による。パスポート2,500円(全会場を各1回入場可能)。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます