六本木の街に蜷川実花の作品が出現!「六本木アートナイト 2017」。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

六本木の街に蜷川実花の作品が出現!「六本木アートナイト 2017」。

六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト 2017」。8回目を迎える今回は、蜷川実花をメインプログラム・アーティストに迎え、9月30日・10月1日の2日間開催される。

蜷川実花《Tokyo Followers 1(仮)》六本木ヒルズ アリーナイメージ
今年の「未来ノマツリ」というテーマには、六本木の街で行うアートイベントとして、大勢の人が楽しめる“祭”のようなイベントにしたいという意味が込められており、この2日間は多彩なアート作品が六本木の街を埋め尽くす。
ナウィン・ラワンチャイクン《OK Tower》2016 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production
また、今回はメインプログラム・アーティストに写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花を迎え、美しく妖艶な世界を展開。極彩色に彩られた東洋と西洋の様々なモチーフが混ざり合う万華鏡のようなインスタレーション作品《Tokyo Followers 1(仮)》が〈六本木ヒルズアリーナ〉〈東京ミッドタウン〉〈国立新美術館〉をつなぐ。
ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ《Angono Higantes, Big and Small》photo walk Philippines/whatsnewph.com
初の試みとなる「東南アジア・プロジェクト」では、東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働した作品を発表。国内外で活躍する気鋭のアーティストが集結し、「未来ノマツリ」を展開する。さらに、「六本木アートナイト」の開催に伴い、〈森美術館〉が9月30日は翌10月1日の朝6時まで、〈国立新美術館〉が9月30日・10月1日の両日22時まで開館を延長。そのほか、芋洗坂の駐車場や六本木交差点、三河台公園、六本木商店街など、六本木のさまざまな場所がアートの舞台と化す。

『六本木アートナイト2017』

〈六本木ヒルズ〉〈森美術館〉〈東京ミッドタウン〉〈サントリー美術館〉〈21_21 DESIGN SIGHT〉〈国立新美術館〉、六本木商店街、六本木地区の協力施設や公共スペースで開催。TEL 03 5777 8600(ハローダイヤル)。9月30日10時〜10月1日18時。無料(一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)。