青野尚子の「今週末見るべきアート」|金沢に出現した「西京国」って何ですか? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS
「西京国にようこそ! みなさん、パスポートは持ってますか?」と入国管理局で小沢剛が呼びかける。でも西京国に入国するのにパスポートは必要ない。そのかわり、入国審査がある。思い切り笑う、歌う、踊る、このうちのどれかをやらないと国境を越えられないのだ。
1/11
西京国の入国管理局。パスポートはいりませんが、「とびきりの笑顔か、お腹の底からの大笑い」「お好きな歌を1小節」「チャーミングな踊り」のいずれかを行わないと入国できないという、『注文の多い料理店』みたいなことになってます。
「西京国」とは2007年に小沢剛、ソウル在住のギムホンソック、北京在住のチェン・シャオションの3人のアーティストが作った国。金沢にやってきた小沢とギムホンソックに西京国とはどんな国なのかを聞いてみた。まず、人口は何人なのだろう?

「基本的には僕たち3人です。家族とか入れると9人? 10人ぐらいだと思います」と小沢。
2/11
《第3章:ようこそ西京にー西京オリンピック》(2008年)。西京国のオリンピック開会式で行進する3人。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!