DIY感覚あふれるアーティストユニット・マグマがアートの名作を変換すると? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

DIY感覚あふれるアーティストユニット・マグマがアートの名作を変換すると?

アーティストユニット〈マグマ〉1年ぶりの新作展が、東京・中目黒のアートギャラリー〈VOILLD〉で11月6日から開催される。「物」と「物」とのコラボレーションにより、新たな価値を吹き込まれたユーモア溢れる作品が並ぶ。

2007年から活動する杉山純と宮澤謙一によるアーティストユニット〈マグマ〉の作品は廃材、おもちゃ、電動器具など身の回りにあるありとあらゆる物を素材として広告美術、空間演出、家具、プロダクトまで幅広く手がけている。

世界の巨匠による名作の手法を用いたり、イメージを引用した作品のシリーズが展示される今回のタイトル『REVIVALUE(リバイバリュー)』は、「REVAIVAL」と「VALUE」を合体させた造語であり、生き返り/復活/再生といった意味が込められている。マグマの手によるユーモラスな作品群は先人へのリスペクトと同時に、芸術作品の意味や価値についてシニカルな視点で問いかける。
《Tokyo Boogie-Woogie》2021 (c) magma, VOILLD
《NEVER DIE》2021 (c) magma, VOILLD

『REVAIVALUE』

〈VOILLD〉東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台1F。11月6日〜12月5日。12時〜19時。月曜・火曜休。無料。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!