写真に撮りたくなる日本のBESTアートスポット50|北海道・青森・宮城編 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

写真に撮りたくなる日本のBESTアートスポット50|北海道・青森・宮城編

『カーサ ブルータス』2021年9月号より

最近、撮影可能なアートスポットが増えています。目で見た喜びや感動を記憶と画像の中に保存する。いつか写真に収めたい50のスポットを厳選しました。Casa BRUTUS 9月号「アートを巡る、この夏」特集の企画から、この記事では北海道・青森・宮城にある6スポットをご紹介!

■北海道/札幌《雲の牧場》@札幌芸術の森野外美術館

Meadow of Clouds (1990) by Susumu Shingu
1990年完成。制作:新宮晋。7.5ヘクタールの広大な敷地に64人の作家の74点の彫刻が展示されている〈札幌芸術の森野外美術館〉。舟の帆をモチーフにした《雲の牧場》は、風や水など、自然エネルギーを利用した作品で知られる造形作家・新宮晋によるもの。小高い丘の斜面に設置されており、雲をイメージした白い帆が風を受け止めて、5つそれぞれが違った動きをする。

北海道札幌市南区芸術の森2-75 TEL 011 592 5111。9時45分〜17時(6月〜8月は〜17時30分)。11月4日〜4月28日休。野外美術館入館料700円。

会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!