寺田倉庫が手がける現代アートミュージアム。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

寺田倉庫が手がける現代アートミュージアム。

『カーサ ブルータス』2020年2月号より

東京・天王洲に続々とアートスペースを開発している〈寺田倉庫〉が、現代アートのコレクターズミュージアム〈WHAT〉をオープン。

展示空間。
「アートはオープンマインドで楽しむもの」という理念を表す、開放的な外観。
もともと美術品保管事業を手がける同社が、倉庫に眠っているアート資産を広く公開する目的だ。5月30日まで開催中の展示では、奈良美智、会田誠など名だたる現代アーティストの作品が集結。コレクターたちの作品への思いが綴られているのもおもしろい。
併設の〈WHAT CAFE〉ではオリジナルカレー(1,000円)も。

〈WHAT〉

東京都品川区東品川2-6-10 G号。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます