ピカソのセラミック作品に出会える、世界でも貴重な美術館。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ピカソのセラミック作品に出会える、世界でも貴重な美術館。

『カーサ ブルータス』2021年1月号より

ピカソのセラミック作品を展示する美術館〈ヨックモックミュージアム〉が南青山にオープン。

地下1階の展示室は光を抑え作品を際立たせる。
(c) 2020-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)
他では見られない傑作が多数。
PABLO PICASSO,Tripod Vase with Head of Woman,1951,A.R.125
PABLO PICASSO, Vallauris,1956,A.R.331
洋菓子メーカーの〈ヨックモック〉が長年収集してきた、500点以上におよぶピカソのセラミック作品を展示する。栗田祥弘の設計による建物の屋根には、ピカソの工房があった南仏の伝統的なデザインをオマージュした瓦を、ブランドカラーの鮮やかな青色であしらった。セラミックの他、絵画や映像を用いた企画展も開催する。
1〜2階を繋ぐ吹き抜けの中庭。

〈ヨックモックミュージアム〉

東京都港区南青山6-15-1 TEL 03 3486 8000。10時〜17時。月曜・年末年始・展示替え期間休(月曜祝日の場合、翌平日休)。入館料1,200円(税込)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます