3年に1度の芸術の祭典、『ヨコハマトリエンナーレ2020』がスタート! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

3年に1度の芸術の祭典、『ヨコハマトリエンナーレ2020』がスタート!

7月17日より『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」』がはじまる。今年のアーティスティック・ディレクターは、ニューデリーを拠点に活動するラクス・メディア・コレクティヴ。宇宙誕生の瞬間に発せられた光の破片を意味する“AFTERGLOW=残光”というタイトルのもと、多くのアーティストの作品が公開されている。

アーティステック・ディレクターを務めるラクス・メディア・コレクティヴの3名。コロナ渦により来日できないため、遠隔でのやり取りを駆使してトリエンナーレを創り上げた。(撮影:加藤甫、写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会)
20周年の節目を迎える『ヨコハマトリエンナーレ』が、7月17日より開催となる。今年のアーティスティック・ディレクターは、インドのニューデリーを拠点に活動するアーティスト集団ラクス・メディア・コレクティヴ。世界中から60を超えるアーティストの作品が集まる芸術の祭典が、約3ヶ月にわたり繰り広げられる。

タイトルは、“AFTERGLOW=残光”。かつてアナログテレビの砂嵐には、ビッグバンの名残である宇宙からの電磁波が含まれていたという。そうした、我々が知らずのうちに触れている宇宙からの光の破片を、“AFTERGLOW”と表現。宇宙から届く破壊のエネルギーが地球の創造の営みを生み出したように、現代社会も破壊と再生が循環しながら成り立っている。ラクスは、破壊のようにマイナスイメージを持つ“毒”や“悪”といった要素を排除することなく、共存する生き方をいかにして実現するかを問いかける。奇しくも今はコロナウイルスが世界規模で猛威を奮っており、昨年に決めたこのタイトルが、現在においてより重要なメッセージを放っている。
ニック・ケイヴ《回転する森》 (2016年 © Nick Cave, Courtesy of the artist and Jack Shainman Gallery Photo_James Prinz)
インゲラ・イルマン《ジャイアント・ホグウィード》(部分、2016/2020年 Photo_Sebastian Dahlqvist)
エヴァ・ファブレガス《ポンピング》 (2019年)
佐藤雅晴《ガイコツ》(2018年 © Estate of Masaharu Sato, Courtesy of KEN NAKAHASHI)
参加アーティストたちは、ラクスの提示したタイトルを元に、独自の解釈を加えながら作品を展示。アメリカで庭の装飾によく使われるガーデンスピナーを用いたニック・ケイヴの《回転する森》や、毒素を持つ美しい植物をモチーフにしたインゲラ・イルマンの立体作品《ジャイアント・ホグウィード》など、多岐にわたる素材や展示方法の作品群が一同に会する。

また、「エピソード」と呼ばれるプログラムも開催される。これは、トリエンナーレを3年に1度のイベントと考えるのではなく、前の展覧会から次の展覧会へとつながる期間までをもトリエンナーレの一部として捉えた一連の企画。昨年の11月にラクスが発表したパフォーマンス『エピソード00 ソースの共有』を皮切りに、オンラインイベントやインスタレーションを継続的に開催。観客参加型のイベントも実施予定で、こちらも見逃せない。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます