未公開の日本古美術がたっぷり! 〈MIHOミュージアム〉コレクション展。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

未公開の日本古美術がたっぷり! 〈MIHOミュージアム〉コレクション展。

3月14日〜6月7日の間、滋賀県の〈MIHO MUSEUM〉で春季特別展『MIHO MUSEUM コレクションの形成 ―日本絵画を中心に―』を開催。桃山・江戸時代の絵画を中心に、初公開作品30点以上を含むMIHO MUSEUMコレクションの数々を展示します。

《白梅錦鶏図 伊藤若冲筆 梅荘顕常賛》江戸時代 18世紀 絹本著色 一幅 縦139.8 横84.7
パリ・ルーヴル美術館のガラスのピラミッドを設計したことで知られる、 I.M.ペイが設計を手がけた〈MIHO MUSEUM〉。仏語版ミシュランガイドで「必ず訪れるべき場所」として三ツ星を獲得し、2017年には〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーの舞台になったことも。

〈MIHO MUSEUM〉では、1997年11月の開館以来、世界各地の古代美術に加え、日本の古代から江戸時代にわたる工芸、彫刻、絵画など幅広い分野のコレクションを公開してきた。今回の展覧会では、コレクションの原点である日本美術にフォーカスし、約70件の作品を通してMIHOコレクションの形成・発展の過程を追いかける。作品は桃山から江戸時代の絵画を中心とし、それらに影響を与えた中国の絵画を合わせて展示。桃山から江戸時代の文化が、中国的な教養と王朝的な教養、仏教的な教養を基礎として、どのように日本独自の創造を生みだしたかを展観することができる。
初公開作品《色紙 本阿弥光悦筆》桃山~江戸時代 縦18.9 横16.3
本展覧会では、コレクションの形成過程を茶道具を中心とした「黎明期」、〈MIHO MUSEUM〉開館に向けて大型の美術品が加わった「発展期」、そして開館以後、美術館らしい大作が加わった「充実期」に分けて追っていく。

・黎明期

初公開作品《梅花小禽図 柳沢淇園(柳里恭)筆》江戸時代 絹本墨画淡彩 縦50.0 横56.2
《籐組茶籠》中に茶器が納められている。左から時計周りに、粉引茶碗(朝鮮時代)、砂張建水、麦藁手茶巾筒(江戸時代)、茶筅筒、伊万里赤絵振出(江戸時代)、草花文青白磁香合(南宋~元時代)、織部茶器(江戸時代)、象牙茶杓。
戦国〜安土桃山時代にかけては、茶の湯文化が一世を風靡した。とりわけ戦国時代の織田信長と豊臣秀吉のが茶の湯を好んだことから、茶道具、掛軸文化も一気に大進歩を遂げる。同時に、宋・元の時代の中国掛軸が流行し、中国文化がその後の日本文化に大きな影響をもたらすようになった。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます