「篠山紀信展 写真力」を観る最後のチャンス! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

「篠山紀信展 写真力」を観る最後のチャンス!

「写真が持つ力」をテーマに、7年間にわたって巡回してきた「篠山紀信展 写真力」の最後を飾る展覧会が〈Gallery AaMo〉で開催!迫力ある巨大作品は必見です。

篠山紀信の代表作とも言える「ジョン・レノン オノ・ヨーコ 1980年」。
2012年に〈熊本市現代美術館〉から始まり、〈東京オペラシティアートギャラリー〉や〈横浜美術館〉など、全国の32会場を7年間に渡って巡回した大規模展覧会『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN』は、累計99万人の来場者が訪れ、そのスケールの大きさが話題を呼んだ。そんな巡回展の最後を飾る展覧会、『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』が、〈Gallery AaMo〉でスタートする。
後藤久美子 1988年
展覧会は50年以上に渡って写真界の第一線で活躍してきた篠山紀信の作品の中から「GOD」(鬼籍に入れられた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体-美とエロスと闘い)、「ACCIDENTS」(2011年3月11日-東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのエリアに分かれ、各テーマに合わせた作品が展示される。中でも「GOD」エリアの樹木希林や「STAR」エリアの長嶋茂雄、広瀬すずなど、時代を代表する著名人の作品は注目だ。
長嶋茂雄 1974年
樹木希林 2018年
広瀬すず 2017年
長嶋茂雄 1974年
樹木希林 2018年
広瀬すず 2017年
また展示作品は写真を大きく引き伸ばすなど、様々な手法で撮影された作品を、巨大なギャラリースペースを思う存分に使って紹介していく。「SPECTACLE」では、写真集「少女夢」で撮影した女優、後藤久美子を撮影したものを、幅8メートルに引き伸ばした巨大作品も登場する予定だ。令和になってから発表した作品、初出品の写真も加えられ、以前『篠山紀信展 写真力』に訪れた人も楽しめる内容になっている。
「写真の神様が降りてきた」と話す篠山紀信。
昭和、平和、令和と時代を写し続けた写真家、篠山紀信。これまでの集大成とも言える写真展で、見たことのない迫力感と臨場感を味わいに行きたい。

『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』

〈Gallery AaMo〉東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿いTEL03 5800 9999。 9月5日〜10月27日。10時〜18時(最終入場は閉館の30分前)。無休。入場料1,400円。