2.5Mの巨大ドラゴンが出現! 現代アートの新鋭・コムロタカヒロの展覧会。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

2.5Mの巨大ドラゴンが出現! 現代アートの新鋭・コムロタカヒロの展覧会。

フィギュアやソフビから着想を得たポップな彫刻作品で、国内外問わず高く評価されているアーティスト、コムロタカヒロの展覧会が〈銀座 蔦屋書店〉にて開催中。ポップで不思議なコムロ作品の世界を、あなたも覗いてみませんか?

会場の中央に鎮座する《Magic dragon》。絶好の撮影スポットにもなっている。
アクションフィギュアやソフビをモチーフにした彫刻を制作し、国内のみならず世界でも活躍する彫刻家のコムロタカヒロ。彼の初発表作品の展覧会『Vortex』が、〈GINZA SIX〉内〈銀座 蔦屋書店〉のイベントスペース〈GINZA ATRIUM〉にて開催中だ。“Vortex”=渦と題されたこの展覧会では、その名の通り、コムロの想像と思考が渦を巻くように表現されている。
《Lily and Larah》。ポップさと奇妙さが同居する印象的な作品。
コムロの想像が爆発する作品たち。左の緑の少女は、果実のような突起がインパクト大な《Psycho berry》。
大きさに目が行く《Magic dragon》だが、よく見るとデザインのディテールも凝っている。
《Lily and Larah》。ポップさと奇妙さが同居する印象的な作品。
コムロの想像が爆発する作品たち。左の緑の少女は、果実のような突起がインパクト大な《Psycho berry》。
大きさに目が行く《Magic dragon》だが、よく見るとデザインのディテールも凝っている。
「アートは思考を具現化させる魔法のようなものです。中でも彫刻は自由で危うい想像の世界、異界を現実世界に存在させてしまうスリリングなメディアで、2つの世界を隔てるものは彫刻の表面に存在する薄皮一枚だけだと思います。この展覧会は、彫刻によって日常空間を銀河のような巨大なエネルギーの渦=Vortexへと変容させるものです」とコムロ。