大阪に、駅と繋がる2つの〈ナインアワーズ〉が誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

大阪に、駅と繋がる2つの〈ナインアワーズ〉が誕生。

4月26日に大阪・なんばパークスパークスタワーに〈ナインアワーズなんば駅〉が開業。初夏には福岡博多の中洲川端駅直結の商業施設にオープンする。

4月26日に開業する〈ナインアワーズなんば駅〉、2019年初夏には開業予定の中洲川端駅直結の〈ナインアワーズ〉ともに、空港、 大ターミナル駅など要衝へ通じる路線の駅に直結したロケーションに位置。また、空間デザインは、〈成瀬・猪熊建築設計事務所〉が担当する。

〈ナインアワーズ〉は、都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスという独自のカテゴリーを目指し、都心ならではの宿泊・トランジットスタイルを提案する新感覚のカプセルホテルだ。宿泊に限らず、24時間、ゲストの用途に合わせ、仮眠やシャワーのみでも利用することができる。

〈ナインアワーズ〉はこれまでも気鋭の建築家、インテリアデザイナーとともに建築、設計を行ってきたが、今回、空間デザインを行う〈成瀬・猪熊建築設計事務所〉は〈ナインアワーズ〉デザインチームに初参画。シャワー・睡眠・身支度という、都市の宿泊に求められる機能を一つ一つのスペースに置き換えて特化・洗練させてきた〈ナインアワーズ〉と、先行事例のないプロジェクトを数多く手がけ、 複雑な与件を整理し、 建築化、 空間化することに長ける〈成瀬・猪熊建築設計事務所〉が初めてタッグを組み、滞在価値の高い空間を創造する。

〈ナインアワーズなんば駅〉では、 今までのフォーマットを解体して、機能のレイアウトや組み合わせ、導線を再構築することで、 快適性や効率性を向上。 水回りと身支度のエリアを連続させ、 その中にラウンジ機能を加えることで、シャワー後睡眠に向かうまでの少しの時間や、身支度から外出するまでの時間をストレスなくつなぐことが可能となる。また、これまでは全体を同じトーンでデザインすることが通常だったが、場所の機能に応じて、最適な色やマテリアルの選定を行い、より機能に特化した空間を追求することで、これまで以上に〈ナインアワーズ〉らしい〈ナインアワーズ〉に仕上げた。

〈ナインアワーズなんば駅〉

大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー3F。24時間営業。無休。4月26日13時開業。
●宿泊 4,900円~ チェックイン13時~、 チェックアウト翌日10時。
●仮眠 1,000円~ 最初の1時間は1,000円。 以降、1時間毎に500円。シャワー 700円。利用可能時間13時~21時。24時間利用可能チェックインから1時間以内に要チェックアウト。