窓の断熱効果が比較できる体感型ショールームが登場。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

窓の断熱効果が比較できる体感型ショールームが登場。

快適な住まいを実現するための「窓」の性能が実物展示で見て、感じて、学べます。

基本性能である遮熱性を15種類の窓で比較。
窓の専門メーカーであるYKK APが、2016年6月、窓の性能を全身で比較体感できるショールームを開設。窓の断熱性、遮熱性、防露性、通風性、遮音性、防犯性、清掃性、使いやすさなどを実験装置と実物展示で比較している。

注目は、冬の外気温を再現した巨大冷凍庫の中に設置された「断熱効果の体感ルーム」。20年以上前の一般的な仕様(単板ガラス入りアルミサッシ)から、最新の高断熱仕様(高性能トリプルガラス樹脂窓)まで、5つの部屋を体感できる。住宅の高断熱化・高性能化が求められるなか「住宅を設計、建築するプロユーザーへの理解が欠かせない」と窓を通して快適な住まいづくりを提案している。
窓の開閉の仕方、掃除のしやすさといった使いやすさが体感できる部屋。
冬の外気を再現した0℃〜5℃の巨大冷凍庫内に設置した高断熱樹脂窓仕様の部屋。サーモグラフィーや温度の表示も行い、窓辺の寒さや結露などの比較ができる。

〈YKK AP 体感ショールーム〉

入館は工務店や設計事務所などのプロユーザーと同行者限定。東京都港区港南2-15-4 品川インターシティ ホール棟B1 TEL 03 3472 1705。10時〜17時。水曜休。完全予約制。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます