ランドスケープと調和する〈長野県立美術館〉が開館。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ランドスケープと調和する〈長野県立美術館〉が開館。

『カーサ ブルータス』2021年6月号より

1966年開館の〈長野県信濃美術館〉が〈長野県立美術館〉として新築オープン。

谷口吉生が設計した〈東山魁夷館〉が併設。建物の間には中谷芙二子の《霧の彫刻 #47610 -Dynamic Earth Series Ⅰ-》を常設展示する。
外観。
設計は宮崎浩が率いるプランツアソシエイツだ。「ランドスケープ・ミュージアム」をテーマに、周囲の自然や隣接する善光寺と調和する空間を作り上げた。

女性スタッフのユニフォームは〈Mame Kurogouchi〉の黒河内真衣子によるデザイン。6月からブランド初の展覧会も開催する。
長野県出身の黒河内がデザインした女性スタッフ用ユニフォーム。

〈長野県立美術館〉

長野県長野市箱清水1-4-4 TEL 026 232 0052。9時〜17時。水曜休(祝日は開館、翌日休)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます