磯崎新が手がけた初期住宅、Chim↑Pomメンバーらが運営するアートスペースに! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

磯崎新が手がけた初期住宅、Chim↑Pomメンバーらが運営するアートスペースに!

建築家・磯崎新の初期の住宅、〈新宿ホワイトハウス〉が新たなアートスペース〈WHITEHOUSE〉に生まれ変わります。オープン直前の様子をお知らせします!

改修工事真っ最中の〈新宿ホワイトハウス〉。4月10日から公開される。
改修にあたった〈GROUP〉が製作した〈新宿ホワイトハウス〉模型。ブロック塀を耐震強化、家との間にカウンターなどを設置してカフェ・バーにする予定だ。
〈新宿ホワイトハウス〉は磯崎新の設計で1957年に完成した、画家・吉村益信のアトリエ兼住宅だった建物だ。1960年からは吉村と篠原有司男、赤瀬川原平らが結成したネオ・ダダイズム・オルガナイザーズの拠点となり、展覧会などが開かれていた。建物はその後、画家の宮田晨哉に譲られ、一時〈カフェアリエ〉というカフェとして使われたあと、2年ほど前からChim↑Pomのアトリエとなっていた。このスペースが2021年4月から会員限定のアートスペースとして生まれ変わる。
1階の吹き抜け。正面上部、2階の腰壁には上に障子がはめられていたが、撤去して元の姿に。1、2階が一続きになっていることが実感できる。
2階から1階を見下ろす。壁などの作品はChim↑Pomのもの。4月10日からは『urauny展』会場になる。
「Chim↑Pomが高円寺にある〈キタコレビル〉でアーティストランスペース(アーティストが運営するスペース)をやっていた頃は、他にそういった活動をしている場所があまりなかった。最近はオルタナティブ・スペースと呼ばれるものも含めてアーティストによる場が増えてきたけれど、ここはネオ・ダダの拠点という歴史を持つ家。若い世代とネオ・ダダの歴史をつなぐ中間的な場所として他とは違うことができるのでは、と思ったんです」とChim↑Pomの卯城竜太は言う。
2階の奥に続く扉は裏側に落書きのようなペインティングが施されている。
2階奥スペース、天井の”落書き”。
〈新宿ホワイトハウス〉は木造2階建て、3分の2ほどのスペースは1〜2階吹き抜けになっていて、主にここがアトリエやカフェとして使われていた。1階には他にキッチンやバスルームがあり、2階にはベッドが置かれて、今は卯城の生活の場となっている。2階のベッドルームの奥には納戸のような小部屋があり、壁や天井一面に絵の具が盛り上がった抽象的な壁画が描かれている。この壁画は特に発表されたものではなく、いわば”落書き”だったようだ。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます