隈研吾が手がける最新建築は、機械式腕時計の聖地。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

隈研吾が手がける最新建築は、機械式腕時計の聖地。

『カーサ ブルータス』2020年11月号より

〈セイコーウオッチ〉の高級腕時計〈グランドセイコー〉の工房が、隈研吾の設計でオープン。工房と展示スペースを備え〈セイコー〉のものづくりを発信する。

外観。
岩手山に続いているかのように開放感のあるエントランス。
岩手山を臨むように屋根を跳ね上げ、カラマツ等の集成材を使うことで、建物内外から自然を感じられる木造建築となった。クリーンルームでは室内に水平材を出さないよう、周りに廊下を配置することで屋根の登り梁を支えている。
木造の工房にあるのは珍しいクリーンルーム。

〈グランドセイコースタジオ 雫石〉

岩手県岩手郡雫石町板橋61-1。一般公開の予約は公式サイトにて(新型コロナウイルスにより見合わせ中)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます