ごみゼロ宣言の町、徳島県上勝に体験型施設〈上勝町ゼロ・ウェイストセンターWHY〉が誕生。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ごみゼロ宣言の町、徳島県上勝に体験型施設〈上勝町ゼロ・ウェイストセンターWHY〉が誕生。

ホテルやラボ、ゴミステーションなどからなる〈上勝町ゼロ・ウェイストセンターWHY(ワイ)〉は体験型の環境施設。リサイクル・リユース、地産地消を実現した建築は中村拓志&NAP建築設計事務所が担当した。

廃棄された700枚の建具で壁面を構成。徳島市内から車で約45分、標高700m以上の山々に囲まれた自然豊かな上勝町に位置。
徳島県上勝町は2003年に自治体として日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」を行い、ごみを処理してゼロにするのではなく、ごみを出さない持続型の社会を目指してきた。住民がごみを45種類以上に分別することで、現在ではリサイクル率80%超を達成している。

その取り組みが注目され、日本のみならず世界各地からも見学者が訪れる上勝町。ただ見学するだけでなく、実際にごみの分別や分類を体験し、情報の発信や研究、教育の機能を併せ持つ場所として計画されたのが〈上勝町ゼロ・ウェイストセンターWHY〉である。
ごみ分別所&ストックヤード、ショップ、ラーニングセンターが連なる構成。
古家具を什器にした〈くるくるショップ〉。
施設名「WHY」を体現した建築のカタチ。山間の町らしい棚田や段々畑といった昔ながらの風景も魅力。
施設の建設にあたって、素材は徹底的にリユース・リサイクルしたほか、地産地消のもの、地元の業者を積極的に採用し、地域経済の活性化を目指したという。

かつて主要産業であった林業の名残りである荒れた杉林の丸太を構造に、ガラス瓶や陶片は骨材、農機具や建具の取手はシャンデリアとして利用。廃棄予定であったレンガ、タイル、フローリング、布などをメーカーや企業から提供してもらいリデザインするなど、様々なアイディアがあふれている。
ゼロ・ウェイストアクションホテル〈HOTEL WHY〉は全4室。1泊朝食付き2名1室・1名料金13,200円〜。
〈HOTEL WHY〉客室のエントランスホール。
客室は45㎡。建具を組み合わせた壁面はここでも。ごみ削減のため、歯ブラシなどの使い捨てアメニティはなし。
朝食は上勝ブリュワリー監修のビクニックスタイル。
施設は資源ごみ分別場の〈ゴミステーション〉、ゼロ・ウェイストアクションホテル〈HOTEL WHY〉、〈ラーニングセンター&交流ホール〉、〈くるくるショップ〉、〈ラボラトリー〉から成る。

〈HOTEL WHY〉では宿泊中に出るごみを分別、客室で使用する石鹸をセルフ切り分け、コーヒー豆のはかり分けなどの“ゼロ・ウェイスト体験”が可能だ。またトレッキングやレイクカヤックなど、自然を楽しむフィールドアクティビティプログラムも用意。
ターコイズブルーの湖面が美しい美愁湖でのレイクカヤック。
勝浦川の清流でフライフィッシング。
幻想的な山並みが美しい。
こんな時期だからこそ、私たちの暮らし方を考え直してみる。そんな滞在ができる場所だ。

上勝町ゼロ・ウェストセンターWHY(ワイ)

徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦7-2
TEL 080 2989 1533。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます