スタイリスト・川合将人が提案する、 冬のアウトドアリビングの楽しみ方。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

スタイリスト・川合将人が提案する、 冬のアウトドアリビングの楽しみ方。

『カーサ ブルータス』2020年3月号より

冬の長い夜を楽しむライフスタイルを、〈ヘーベルハウス〉のアウトドアリビングを活かしてインテリアスタイリストの川合将人さんが提案。

・Point_1 持ち運べる照明で、部屋の内と外をバランス良く照らす。
「冬は、どうしても家のなかに閉じこもりがち。その一方で、夜が長い分、ちょっと早い時間に家に帰って、落ち着いた自分の時間が持てるというのも、この季節ならではの楽しみだと思うんです」

豊かな空間設計が実現可能な〈ヘーベルハウス〉の「アウトドアリビング」で、澄みきった冬の夜空を存分に満喫してほしいと、インテリアスタイリストの川合将人さんは、ゆったりとしたラウンジを作り上げた。

「グランピングのブームも手伝って、昨今はアウトドアグッズの需要がかなり増えてきました。そのため、軽量かつコンパクトで耐候性も高いといった機能面だけでなく、屋内でも十分に活用できるデザインの良いインテリアアイテムが豊富に揃っているんです」
・Point_2 ファーやブランケットで、温もりをキープ。
・Point_3 プロジェクター&スクリーンも、屋外に。
・Point_2 ファーやブランケットで、温もりをキープ。
・Point_3 プロジェクター&スクリーンも、屋外に。
ファーの椅子カバーやウールブランケットでしっかりと寒さ対策。さらに屋外で使用可能な暖炉を囲めば、揺らぐ炎で気持ちも温かくなってくるはず。プロジェクターをアウトドアリビングに持ち出して、月夜の下で映像を楽しむことだってできる。

さらに空間を充実させるために、川合さんがオススメするのが、持ち運び可能な照明だ。充電式やランタン型など、デザインは多様。コーナーに置けば、ぼんやりとした光が部屋の内と外をつなぎ、空間に広がりと温もりを作り出せる。

「夜をたっぷり楽しんだら、翌朝はアウトドアリビングに出て冷気を胸いっぱいに深呼吸。コーヒーを淹れながら、ゆっくりと目を覚ましていくのもいいですよね」

へーベルハウスの「アウトドアリビング」とは?

空や風、太陽の光を存分に感じることができる外部空間を住まいに取り込む提案「アウトドアリビング」。テラスの床には強度に優れたALC(軽量気泡コンクリート)を使用。全開放できるフォールディングウィンドウが、室内との一体感を生み出す。●「アウトドアリビング」を体験したい方は、お近くのヘーベルハウス展示場まで。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます