建築と展示内容、ともに味わい深くて心に染みる。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築と展示内容、ともに味わい深くて心に染みる。

伊勢志摩サミット前の海も空も青々と広がる環境に〈海の博物館〉を訪ねた。クルマは最新のジャガーXF。海沿いのドライブルートの素晴らしさにも改めて感心させられた。

高級車然としていてもワインディングでは必ず楽しい、というのがジャガー
そういえば気仙沼に行ったのはジャガーXEだったが、今回はジャガーのイチ押しモデルのXFである。名古屋〜伊勢間を往復するメディア向け試乗会があって約400kmのドライブとなった。

乗り味はとてもいい。ドライバーが何を求めているか、それにクルマはどう応えるのか、その焦点がピシッと合っているのだ。高速道ではどっしり重厚で高級感がある。排気量は2リッターなのに意外なほどの加速力も持っている。そして伊勢志摩スカイラインのようなハンドリングコースに乗り入れると一転、鼻先軽く、深いコーナーにもくーッと気持ちよく切り込んでいく。右に左に振り回しても安定感は高く、うれしくも常にやわらかさしなやかさを伝えてくる。これこそが新時代のジャガーなんだと身体で納得できた。こうなると次期XJも大いに気になる。降りてからクルマをもう一度眺めると、このデザインがストンと腹の中を落ちた気がしたのだった。
伊勢志摩スカイラインから続いて海沿いを走るパールロードも実に走りがいのある道路だった。

巡礼車:ジャガーXF Prestige

このクルマは2リッター・ターボ、ほかに3リッター・スーパーチャージャーとディーゼルの2リッター・ターボがある。デザイナーのイアン・カラムがジャガーデザインの新潮流として世に問うたのが先代XFで、今では完全にジャガーのデザインアイデンティティーとして確立された。6,680,000円(ジャガーコール TEL 0120 050 689)。

巡礼地:海の博物館

設計/内藤廣建築設計事務所、1991年竣工。翌年日本文化デザイン賞、93年日本建築学会賞などを受賞。常に展示の変更が可能なように、資料の移動が容易なようにすることも当初からの条件だった。展示館とともに収蔵庫も建築的に見るべきところが多い。

三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
TEL 0599 32 6006。