Chill CARS|生活道具としての美を備えた、心に響くクルマ。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

Chill CARS|生活道具としての美を備えた、心に響くクルマ。

『カーサ ブルータス』2019年11月号より

米国車には定番的なデザインが生まれにくい。市場の需要を喚起する目的で、毎年のようにマイナーチェンジを行ってきたせいだ。そこにあって、けだしグッドデザインであり、かつ基本形を守り続けたのが、《ジープ・チェロキー》(2代目)だ。1984年から2001年まで生産された。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます