芦ノ湖を独り占めできる絶景の温泉宿。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

芦ノ湖を独り占めできる絶景の温泉宿。

自然豊かな国立公園内に、SNSで話題の旅館〈箱根・芦ノ湖 はなをり〉が開業したのは2017年夏のこと。思わず写真を撮ってしまいたくなる魅力とは?

湖水棟の廊下で見かけた森を題材にしたサイン。実際の森を切り取る開口と相まって印象深い。
客室の入口に設けられたサイン。紫陽花が春、花火が夏、松(木の実)が秋、森(杉並木)が冬を意味し、4つ合わせて箱根の四季を表現している。
湖水棟の廊下で見かけた森を題材にしたサイン。実際の森を切り取る開口と相まって印象深い。
客室の入口に設けられたサイン。紫陽花が春、花火が夏、松(木の実)が秋、森(杉並木)が冬を意味し、4つ合わせて箱根の四季を表現している。
眺望と同様、〈はなをり〉を語る上で欠かせないものにアートワークがある。箱根の自然や歴史、文化に由来する絵画をデジタル画像処理した壁画16点を館内に設置。歌川広重による浮世絵や、狩野派の『四季花鳥図』、江戸時代末期から明治中期にかけて蒔絵・漆絵・絵画とマルチに活躍した柴田是真の植物画などに出合える。
ラウンジでは、歌川広重による『東海道五十三次』のひとつ《箱根湖水図》を下地の木目柄を生かした板絵風で再現。フロント奥にも同じ作品がある。
各階のエレベーターホールに飾られているのは、柴田是真が明治宮殿(1945年に焼失)の千種之間天井画のために描いた下絵全112点の中から箱根地域に縁のある植物画12点。上記の写真で描かれているのは紫玉蘭だ。
歌川広重(二代目)による《箱根七湯一覧》を壁一面に表した湯上がり処。手前は芦ノ湖の湖面の揺らぎをテーマにした木製ベンチ。施設内には、水面をモチーフにした意匠が多く存在する。
格子壁に、狩野派の《四季花鳥図》が描かれたブッフェダイニング。
ラウンジでは、歌川広重による『東海道五十三次』のひとつ《箱根湖水図》を下地の木目柄を生かした板絵風で再現。フロント奥にも同じ作品がある。
各階のエレベーターホールに飾られているのは、柴田是真が明治宮殿(1945年に焼失)の千種之間天井画のために描いた下絵全112点の中から箱根地域に縁のある植物画12点。上記の写真で描かれているのは紫玉蘭だ。
歌川広重(二代目)による《箱根七湯一覧》を壁一面に表した湯上がり処。手前は芦ノ湖の湖面の揺らぎをテーマにした木製ベンチ。施設内には、水面をモチーフにした意匠が多く存在する。
格子壁に、狩野派の《四季花鳥図》が描かれたブッフェダイニング。
芦ノ湖ビューと庭園ビューの2カ所ある温泉大浴場「棚湯」は、夜と朝で男湯と女湯が入れ替わる。それぞれ3つの内風呂と寝湯のある露天風呂を備えており、浴槽を棚田のような段状に配置することで、どこにいても他の入浴者を気にせず快適に外部の景色を眺められる工夫が施されている。

筋肉痛や冷え性、疲労回復に効能のある元箱根温泉のほか、湯の中に微粒の炭酸を含ませたシルキー湯や定期的に種類が変化する変わり湯などを体験できるのも楽しい。
芦ノ湖ビューの大浴場。浴槽には十和田石が使われている。元箱根温泉の泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉。
ヤマザクラやカエデが植えられた庭園を望む大浴場。直線的な芦ノ湖ビューの浴槽に比べて、こちらは波紋を思わせる緩やかな円弧が柔らかな印象をもたらす。
大浴場の浴槽内にパターン貼りされた六角形のタイル。よく見ると、一部のタイルには、梅や桜といった花柄がプリントされている。
芦ノ湖ビューの大浴場。浴槽には十和田石が使われている。元箱根温泉の泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉。
ヤマザクラやカエデが植えられた庭園を望む大浴場。直線的な芦ノ湖ビューの浴槽に比べて、こちらは波紋を思わせる緩やかな円弧が柔らかな印象をもたらす。
大浴場の浴槽内にパターン貼りされた六角形のタイル。よく見ると、一部のタイルには、梅や桜といった花柄がプリントされている。
旅の大きな楽しみのひとつとも言うべき食事は、共用棟4階にあるブッフェダイニング「季(とき)しかり」で。有名店やホテルでシェフを歴任した総料理長・大沢達也さんが手がける、和食の繊細さと洋食の優雅さを融合した新しいタイプの料理がブッフェ形式でいただける。とくに人気が高いのは、夕食時の八寸。

「竹カゴに、約15種類そろう小鉢の中から7〜8品を選んで入れていただきます。自分好みに仕立てた八寸から食事をスタートし、後はお好きなものをお好きなだけ。その日のおすすめの肉料理と魚料理は、テーブルにある木札をスタッフにお渡しいただくことで、作りたての温かいものをお出しするようにしています」(藤井総支配人)。
旬の素材を使った小鉢を自分好みの八寸に仕立てることから夕食が始まる。
夕食には、前菜からメイン、デザートまで50種以上の料理が並ぶ。
アイランド型のキッチンに屋台を思わせるフレームを設置することで、賑わいを演出したブッフェダイニング。
旬の素材を使った小鉢を自分好みの八寸に仕立てることから夕食が始まる。
夕食には、前菜からメイン、デザートまで50種以上の料理が並ぶ。
アイランド型のキッチンに屋台を思わせるフレームを設置することで、賑わいを演出したブッフェダイニング。
見応えある芦ノ湖の眺望は元より、アート、館内の何気ない意匠、食事に至るまで、ゲストを飽きさせない工夫に満ちた宿。驚きに出合う度、写真に撮りたくなるのは当然のことだろう。施設内の至る所に設けられたその仕掛けを探しに、訪れてみるのはいかが?
〈箱根・芦ノ湖 はなをり〉
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根桃源台160
TEL 0460-83-8739。全154室。1泊2食付き1名21,060円〜(湖畔側和洋室/2名1室利用時)。

暮らしの身近にあるオリックスグループ

金融やプロ野球球団のイメージが強いオリックスグループだが、旅館・ホテルの運営のほかにも、〈京都水族館〉〈すみだ水族館〉の運営や水耕栽培による葉物野菜の生産など、実は生活に身近な事業・サービスも多く手掛けている。オリックスグループが展開する事業にまつわるストーリーは下記の公式サイトから。