〈IDÉE〉創始者の黒崎輝男が手掛けたライフスタイルホテルがオープン! | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

〈IDÉE〉創始者の黒崎輝男が手掛けたライフスタイルホテルがオープン!

11月1日、上野に新たなライフスタイルホテル〈NOHGA HOTEL(ノーガホテル)〉がオープンする。キュレーターを務めるのは〈IDÉE〉創始者の黒崎輝男。地元のお店とのコラボプロダクトやイベントを多数企画する “地域と深くつながるホテル” とは?

客室の家具は〈TIME&STYLE〉が日本各地の工房で製造。その他にも、日本のもの作りをゲストに楽しんでもらえるよう、アメニティは〈dear mayuko〉、備品は〈SyuRo〉などと共同製作した。
落ち着きを感じる柔らかいテイストのインテリア。室内でも外でも着られるルームウェアは〈アトモスフェール・ジャポン〉と製作。
スイートルームはこちら。洗面台を室内に置くことで、空間に広がりを持たせた作りになっている。
リラックス効果のある香りと天然の繭の成分を使用したアメニティは〈dear mayuko〉。
靴べらやハンガー、洋服ブラシなどの小物は、日本の職人とコラボレーションしてアイテムをつくる〈SyuRo〉。
客室にも〈京源〉の家紋をアートにしたインテリアが飾られている。
落ち着きを感じる柔らかいテイストのインテリア。室内でも外でも着られるルームウェアは〈アトモスフェール・ジャポン〉と製作。
スイートルームはこちら。洗面台を室内に置くことで、空間に広がりを持たせた作りになっている。
リラックス効果のある香りと天然の繭の成分を使用したアメニティは〈dear mayuko〉。
靴べらやハンガー、洋服ブラシなどの小物は、日本の職人とコラボレーションしてアイテムをつくる〈SyuRo〉。
客室にも〈京源〉の家紋をアートにしたインテリアが飾られている。
海外のホテルを視察した中で黒崎らが感じたのは、日本のホテルは、ビジネスホテルを含む寝泊りが目的のシティホテルか、特別感のあるラグジュアリーなホテルと二極化しているということ。一方海外のホテルは、朝食をふらりと食べに来たり、地域の人たちが集える、もっと身近でカジュアルな場所であること。ここ上野から、日本ならではの新しいライフスタイルホテル文化が広まっていくことを予感させる。
ブッフェ+プリフィックス(洋食3種、和食1種)。和食は〈伊勢音〉のかつお節、〈鮒藤商店〉の佃煮、〈いなりちょう相沢米店〉のお米など、地域の厳選された食材で作る「本当に美味しい和食」の朝食ビュッフェ(¥2,593)も。1Fのレストラン〈Bistro NOHGA〉はホテルでは珍しいオープンキッチンスタイル。朝食からランチ、ディナーまで一般の人も利用可能だ。
11月4日には木本硝子の異なるグラスで味の違いを楽しめる「日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー」、11月18日には「tokyobikeで街めぐり」、11月25日には「銀器製作体験」と、毎週末ワークショップを開催予定。
客室からの眺め。昭和的な上野の雑踏と近未来的なスカイツリーは、まさに今の東京を象徴している風景だ。
ブッフェ+プリフィックス(洋食3種、和食1種)。和食は〈伊勢音〉のかつお節、〈鮒藤商店〉の佃煮、〈いなりちょう相沢米店〉のお米など、地域の厳選された食材で作る「本当に美味しい和食」の朝食ビュッフェ(¥2,593)も。1Fのレストラン〈Bistro NOHGA〉はホテルでは珍しいオープンキッチンスタイル。朝食からランチ、ディナーまで一般の人も利用可能だ。
11月4日には木本硝子の異なるグラスで味の違いを楽しめる「日本酒グラスの違いによるテイスティングセミナー」、11月18日には「tokyobikeで街めぐり」、11月25日には「銀器製作体験」と、毎週末ワークショップを開催予定。
客室からの眺め。昭和的な上野の雑踏と近未来的なスカイツリーは、まさに今の東京を象徴している風景だ。

〈NOHGA HOTEL UENO〉

東京都台東区東上野2-21-10 TEL 03 5816 0213。11月1日オープン。全130室。予約は電話または公式サイトから。現在、既に予約受付開始。