建築家に聞く、“好きな神社” とその理由。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家に聞く、“好きな神社” とその理由。

『カーサ ブルータス』2020年1月号より

神社好きの建築家4人に、マイフェイバリット神社を挙げてもらいました。推薦理由はさまざまですが、みな、その神社に「建物」以上の何かを感じているのは共通しているようです。

●原田真宏 ── 青島神社(宮崎|宮崎)

島全体が「鬼の洗濯岩」と呼ばれる波板岩に囲まれている。島内は熱帯・亜熱帯植物の群生地。岩石、植物ともに国の天然記念物に指定。 宮崎県宮崎市青島2-13-1 TEL 0985 65 1262。
光に満たされた南国の祈りの空間。
周囲1.5kmの小島に鎮座する神社。陸から島へ渡る直線の道に対して、島にはストライプの白い岩肌が広がっていて、抽象絵画の中に入っていくような感覚を味わう。江戸時代まで一般入島は禁じられていたそうで、聖地といえば暗がりの深閑とした場所にある印象だが、青島は影がなく、むしろ光に満ちている。神話「海幸・山幸」の舞台でもあり、 此此岸から彼岸へ渡った先に光の空間があるという感覚はとてもモダンだなと思う。

原田真宏(建築家)

はらだまさひろ 1973年静岡県生まれ。芝浦工業大学教授。隈研吾建築設計事務所、磯崎新アトリエを経て、2004年、原田麻魚とともにマウントフジアーキテクツスタジオを設立。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます