路上アート | 瀬戸内シティガイド | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ROAD

街を歩けば出会える、路上のアート。

photo_Koh Akazawa text_Housekeeper

ジュリアン・オピー、山口晃、大巻伸嗣……。美術館に入らずともアートを楽しめる、瀬戸内の街。目的地のすぐそばにあったりするから予習は必須。

【高松市】

  • ジュリアン・オピー

    銀行家、看護師、探偵、弁護士

    バンド・Blurのアルバムのアートワークで知られるイギリスの現代美術家による4体の彫刻は、刻々と移りゆく通行人を石という恒久的な存在に置き換えた。それぞれ異なる地元の石を使用。

    香川県高松市寿町1-6-1
  • 流政之

    MATAKITENO

    ニューヨーク世界貿易センター前のランドマークだった巨大彫刻「雲の砦」を制作した、高松市郊外にアトリエを構える御年95歳の彫刻家による作品。タイトルは讃岐弁で「また来てね」の意。

    香川県高松市サンポート
  • 大巻伸嗣

    Liminal Air -core-

    一部が鏡になっているため、天候や時刻によって表情が変わる、高さ8mの2本のカラフルな柱。巨大な人工物が港前で淡々と周囲の環境を投影する様に、自然の意味を改めて考えさせられる。

    香川県高松市サンポート
  • イサム・ノグチ

    遊具

    日常にアートを持ち込む要素として、ノグチが選んだのは遊具。札幌のモエレ沼公園など各地に点在するが、高松市の公園での採用率は全国トップレベル。写真は山椒山公園。

    香川県高松市牟礼町牟礼2778-28

【男木島】

  • 山口啓介

    歩く方舟

    旧約聖書に出てくるノアの方舟に着想を得た立体作品。海に突き出した堤防から福島県いわき市の方角へ災禍を鎮めるため歩き出す4つの山。ある角度で遠くの山並みの稜線と重なり神秘的に見える。

    男木漁港周辺
  • 眞壁陸二

    男木島 路地壁画プロジェクト
    wallalley

    島で集めた廃材や廃船の一部に風景のシルエットをカラフルに描き、方々の民家の壁に設置。急な坂道や曲がりくねった細い路地が続く島らしい風景の中に溶け込んでいるのは、画材が島育ちのせいか。

    男木島中心部

【女木島】

  • 木村崇人

    カモメの駐車場

    女木港に近づくとフェリーから見えてくる、防波堤に並ぶ300羽のカモメの大群。風が吹くといっせいに方向を変えるカモメの群れの習性を視覚化したオブジェなので、本物と見間違えるのも致し方なし。

    女木港周辺
  • 禿鷹墳上

    20世紀の回想

    青銅でできたグランドピアノから大航海時代を象徴する4本の帆柱が真っ直ぐ伸び、ピアノからは音楽が流れるインスタレーション。浜風に呼応する音と帆は脈々と続く人間と自然の交わりを奏でているよう。

    女木港周辺

【道後温泉】

  • 浅田政志

    鷺の恩返し 第八章 その弐
    ─朝六時、本日も湯が湧き人集う─

    「浅田家」で知られる浅田政志の写真作品は、道後で働く100人とともに温泉の開館を待ちわび列を成す様子を再現。道後温泉本館内にある同シリーズ作品と併せて観ると面白味が倍増。

    愛媛県松山市道後湯之町6-8
  • 梅佳代

    坊っちゃんたち

    此坊っちゃんたち頃をテーマに地元・道後中学校の野球部男子生徒たちを撮り下ろした写真作品。夏の道後温泉本館で過ごす無邪気な男子たちの姿が、歴史ある街に新鮮な風を吹き込む。

    愛媛県松山市道後湯之町6-8
  • 大巻伸嗣

    Echoes 月光

    「道後温泉 椿の湯」の東側出入口前の椿の花は、青森の伝統工芸、倭ね武ぶ
    多たの技法を用いて制作した彫刻。陽が落ちると光が灯り、昼とは違った美しさを見せる。

    愛媛県松山市道後湯之町19-22
  • 三沢厚彦

    Animal
    2017-01-B2(クマ)

    彫刻家・三沢厚彦の代表作「ANIMALS」シリーズが道後温泉裏の休憩所「振鷺亭」に登場。重さ1.5トン、高さ3mを超える巨大クマはかつて存在した「道後動物園」へのオマージュ。

    愛媛県松山市道後湯月町4-16
  • 山口晃

    武人圖

    江戸時代から続く旅館「ふなや」の「詠風庭」に古くからある離れ。その障子に山口晃が作品を描いた。過去、現在、未来を自在に操る作風と老舗の歴史が相まり、よりユーモラスに。

    愛媛県松山市道後湯之町1-33

【岡山市】

  • リアム・ギリック

    Faceted Development

    岡山芸術交流2016のアーティスティックディレクターが街の中心部にあるシンボルタワーをカラフルな作品に。会期後も展示され、いつしか街に溶け込んだ。これぞパブリックアート。

    岡山県岡山市北区表町1城下地下1
  • ペーター・フィッシュリ、
    ダヴィッド・ヴァイス

    How to Work Better

    労働者の心得10か条がビルの壁面いっぱいにペイントされたアート。一見、正しいことが書かれているが、皮肉やユーモアを込めて社会を批判する作者だから額面通りには受け取れない。

    岡山県岡山市北区表町1-6-15

カテゴリから見る