大原美術館分館 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
岡山

039 大原美術館分館

Annex, Ohara Museum of Art (1961)

岡山県倉敷市中央1-1-15
google maps
086-422-0005
9時〜17時。月曜休。入館料1,300円。
1961年竣工。設計:浦辺鎮太郎/倉敷レイヨン営繕部。実業家・大原孫三郎によって創設された日本最古の私立西洋美術館。近代日本の洋画、古代オリエント美術を展示する分館は、その敷地の南端の境界にコの字形に設けられている。現代的な材料であるコンクリートに玉石、瓦、白壁という伝統的な材料を織り交ぜながら、大地に根差した城壁のような湾曲した壁面が路地に沿って続く。建物の高さなどは、浦辺鎮太郎が倉敷に伝わる基準寸法から導いた「クラシキモジュール」によって決定。また、南西の角を占める絵画室では、波打つシェル構造の屋根を4本の柱のみで支えるなど、工場建築の名手でもあった浦辺らしく、現代的な取り組みも試みている。単なる懐古ではなく現代的創造によって倉敷の伝統的な街並みへの調和を目指した浦辺の代表作のひとつ。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。