島根

038 出雲大社庁の舎

Izumo Grand Shrine Cho-no-ya (1963)

島根県出雲市大社町杵築東195
google maps
0853-53-3100
1963年竣工。設計:菊竹清訓。1953年に焼失した出雲大社境内の庁の舎の再建計画。境内の中で不燃化が求められたことから、コンクリートが用いられている。古代にも通じる豪壮な出雲大社に対して、現代の技術を大胆に用いることを目指した菊竹の代表作。出雲地方の稲掛けをモチーフとしつつ、プレストレス・コンクリートという工法によって実現した柱間長さ40mの2本の大梁を両端の柱に架け渡している。その梁に掛ける方立や、屋根、外観を特徴づける横桟といったほとんどの部材を工場で生産し、現場で組み立てる計画とした。現代の構法である鉄筋コンクリートでの先端技術を盛り込みつつ、日本の木造建築がもつ解体・組み立てができる更新性を再解釈することで、現代建築でありながら神聖な境内に見事に調和させている。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。