日生劇場 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
東京

011 日生劇場

Nissay Theatre (1963)

東京都千代田区有楽町1-1-1
google maps
03-3503-3111
1963年竣工。設計:村野藤吾。オフィスと劇場(日生劇場)から成るビル。村野藤吾はオフィスと劇場部分を透明なガラスで区切り、空間の連続性を維持した。設計から竣工まで5年の歳月を費やした建物は、外観を花崗岩で覆った重厚なもの。建物表面のガラス面積を抑えるため、窓のガラス部分を後退させるデザインにしている。また竣工当時は、劇場の対面にあるフランク・ロイド・ライトデザインの帝国ホテル(1967年に建て替えのため取り壊される)を望むためのバルコニーも設置されていた。劇場部分は、ピロティに白大理石、ホール内の壁面にガラスタイル、天井にはアコヤ貝を用い、非日常の空間をつくり出している。全体的に赤と白を基調とし、ホール内部の天井には薄いコバルト、壁面には金とコバルトを配色している。ホールの天井および壁の曲面は音響効果を考慮したもの。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。