ホテルオークラ東京 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS facebook-a facebook instagram line twitter youtube
東京

010 ホテルオークラ東京

Hotel Okura Tokyo (1962)

東京都港区虎ノ門2-10-4
google maps
03-3582-0111
1962年竣工。設計:谷口吉郎(ロビー、オーキッドルームほか)、小坂秀雄(外観)ほか。世界に通用する日本独自のホテルを、という創業者・大倉喜七郎の思いの下、1962年に開業した〈ホテルオークラ東京〉。当時の日本における最高の建築、工芸技術を集約すべく、設計委員会(谷口吉郎、小坂秀雄、岩間旭、清水一、伊藤喜三郎)と意匠委員会(溝口三郎、繁岡鑒一、広井力、縣治朗、岩田清道)が設置されデザインされた。建物の構造としては、どの部屋からも景色が楽しめるよう、ホテルとして当時初となる「三ツ矢式建築」を採用。海外からも「日本モダニズムの傑作」と評価の高い本館ロビーは、設計委員会委員長を務めた谷口吉郎のデザインだ。73年には、谷口を中心とした設計チームにより別館が増築された。本館は2015年9月より建て替えを行うことが発表されている。

特集TOPへ戻る

Attention!!

●すべてのデータは2014年11月20日現在のものです。開館時間、休館日等は変更される可能性がありますので、事前に必ずご確認ください。
●多くの美術館等の施設では、入館時間は閉館の30分~1時間前までになっています。
●休館日が祝日の場合は開館し、翌日に休館する場合が多くあります。展示替え期間や年末年始は休館となることもあります。
●入館料は一般の大人料金(税込)。