焼きたてパンが主役の朝食3選|寺尾妙子のNEWSなレストラン。 | ページ 3 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

焼きたてパンが主役の朝食3選|寺尾妙子のNEWSなレストラン。

人気ブーランジェリーやパティスリー、食パン専門店のカフェが続々オープン。気になる朝ごはんは、焼きたてパンが主役でした。

〈L'OCCITANE Café by PIERRE HERMÉ(ロクシタン カフェ バイ ピエール・エルメ)〉

「プレミアムブレックファースト」1,650円(以下、税込)。内容は季節ごとに変わる。クロワッサン、季節のグラノーラ、ヨーグルト、一品料理、季節のフルーツ、コーヒーまたは紅茶付き。
8月にロクシタンショップが〈ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス〉として生まれ変わった。2・3階にはピエール・エルメとロクシタンのコラボレーションによって、〈ピエール・エルメ・パリ〉が監修する〈ロクシタン カフェ バイ ピエール・エルメ〉も誕生。カフェからは、渋谷スクランブル交差点を見下ろす。

そんな空間で供される「プレミアムブレックファースト」の主役は焼きたてのクロワッサン。表面がサクサクの生地を手で割れば、中から美しい層が顔を出す。これがおいしさの秘訣。層が揃っていることで、リズミカルな食感が生まれ、そのひとつひとつから、発酵バターが濃厚に香り立つ。ほか、オリジナルのグラノーラや紅茶、コーヒーなど、すべてピエール・エルメの舌に適ったものが選ばれている。
「スイーツディスカバリー」1,600円。内容は季節ごとに変わる。写真はミルフィーユ、クレーム ブリュレ、チーズケーキ、ヴァーベナアイスクリーム、ラズベリーシャーベット。
10時からは、季節のおすすめを盛り合わせた「スイーツディスカバリー」をはじめ、スイーツ類もオーダーできる。甘党なら、ブランチにエルメの最新スイーツを味わうのもいい。
クリーミーなベシャメルソース、ハム、チーズが一体となった「パリジャンクロックムッシュ」1,500円(注文は11時〜)。「コーヒー」650円。
11時からのメニューにはスープやサラダ、パスタなどの食事も揃える。女性の美を追求するロクシタンとのコラボレーションカフェということもあり、美容と健康を考えた野菜たっぷりの内容でクロックムッシュにもドライラズベリーやヘーゼルナッツをちりばめたポテトソテーが添えられる。
2・3階合わせて100席。窓際にカウンター席あり。
カトラリーセットもかわいい。
リニューアルオープンした1階の〈ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス〉の一角では〈ピエール・エルメ・パリ〉監修のマカロンや焼き菓子なども販売。
渋谷駅のすぐそばで、パリ最新モードの朝食&スイーツをゆっくり座って食べられる場所は貴重。朝と言わず、オールデイで活用したい。

〈L'OCCITANE Café by PIERRE HERMÉ(ロクシタン カフェ バイ ピエール・エルメ)〉

東京都渋谷区道玄坂2-3-1 渋谷駅前ビル2・3F TEL 03 5428 1563。8時30分〜22時LO(モーニング8時30分〜11時LO、スイーツ10時〜22時LO)。無休。ワインはグラス850円〜、ボトル4,500円。90分限定、ビュッフェスタイルの「スイーツエクスペリエンス」3,200円は日〜木曜の19時30分〜22時LO。以上、税込。

寺尾妙子

てらおたえこ  食ライターとして雑誌やWEBで執筆。好きな食材はごはん、じゃがいも、トリュフ。現在、趣味の茶の湯に邁進中。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます