京のおやつと箸休め|水無月。

一年の半分を締めくくる行事“夏越の祓”。京都では昔からこの日は「水無月」をいただくのが風習。6月晦日(30日)に味わいたい涼菓をご紹介。

《水無月》の販売は6月28日〜30日。

一年の折り返しとなる6月30日、半年間の無事に感謝し、残り半年の息災を祈る行事が“夏越の祓”だ。この日、京都では「水無月」を決まっていただく。最近は一年中販売する店もあり、よく見かけるのは白い外郎生地に小豆がのっているもの。こちらはそれとは違う作りで、いかにも夏らしい初夏の涼菓。月末の3日間だけ販売される。

氷室の氷のかけらを三角形の葛で表し、邪気祓いの意味を持つ小豆が数粒。外郎製の「水無月」は家庭のおやつだが、こちらは高価な本葛を使っていることもあって、お茶席の主菓子に注文が多いそう。涼やかな姿、上品な甘味、もちっとした弾力と口当たりのよさは、葛をブレンドしたり、二度蒸しするなどの手間と技によるもの。

夏の到来を前にゆっくり味わい、無病息災を祈り願いたい。

夏まで貯蔵する氷室の氷に見立てた、言われも味も京都らしい菓子。透明感があって、口当たり抜群。通常の「水無月」と違い、葛の中で小豆が数粒と控えめ。1個400円。

〈京都鶴屋 鶴壽庵〉

きょうとつるや かくじゅあん 新選組発祥の地、壬生屯所旧跡にある老舗菓子司。菓子は店内でいただくことも可能。

京都市中京区壬生梛ノ宮町24
TEL 075 841 0751。8時〜18時。不定休。

にしむらしょうこ 関西在住ライター。京都の老舗から新店の美味、食を取り巻く文化などを独自の目線で精力的に取材。