シチリアの感激を再現するオステリア〈ロットチェント〉。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

シチリアの感激を再現するオステリア〈ロットチェント〉。

横浜〈サローネ2007〉をはじめ、コースのみのリストランテを展開するサローネグループの6軒目となる〈ロットチェント〉がオープンした。

テーブル30席。海辺のリゾートがテーマ。床もブルーで海をイメージ。
ワインはイタリアの自然派を中心に手頃な価格帯のものを揃える。ワインペアリングは、アラカルトで1品ごとに用意。グラスやカラフェ、1/2杯のハーフサイズでも頼める。

リゾート地に来たような気分で、料理とワインのアッビナメント(マリアージュのイタリア語)を堪能したい。
壁には。コラボレーションしているヴィンテージ・デニムのブランド〈ALOHA DENIM〉のタペストリー。よく見ると卓上のお花もデニム。
樋口敬洋シェフ。1976年、東京生まれ。シチリアで3年修業。〈SALONE2007〉や〈イル テアトリーノ ダ サローネ〉のシェフを経て、現在はサローネグループのエグゼクティブシェフと兼務。

〈L’ottocento(ロットチェント)〉

東京都中央区日本橋小網町11-9
1F TEL 03 6231 0831。11時30分〜13時30分LO、17時30分〜22時LO。日曜、第1・3月曜休。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます