パリのミシュラン2ツ星シェフ〈ティエリー・マルクス〉と〈ビストロ・マルクス〉が銀座にオープン。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

パリのミシュラン2ツ星シェフ〈ティエリー・マルクス〉と〈ビストロ・マルクス〉が銀座にオープン。

パリの2ツ星シェフ、ティエリー・マルクスが手掛けるガストロノミーレストラン〈ティエリー・マルクス〉、ビストロ&バー〈ビストロ・マルクス〉は注目の美食スポット。銀座4丁目交差点に面した新商業施設〈GINZA PLACE〉内に位置する。

〈ビストロ・マルクス〉の看板メニュー「マルクスバーガー」2,900円。
一方、隣接する〈ビストロ・マルクス〉では食事もできるほか、カフェやバーとしても利用可能。人気メニューは「マルクスバーガー」だ。パリではブーランジェリーも運営するだけあって、バンズはこだわりのブリオッシュ生地。パテは国産和牛を用い、筋の多い肩肉を6mm、旨みの強い赤身のもも肉を9mm幅にカットしてまとめたもの。自家製トマト・フォンデュとベアルネーズソースを添えたバーガーもまた、しっかりフレンチ・テイストである。
〈ビストロ・マルクス〉は72席。フランス伝統のビストロ料理も揃っている。
バーテンダーも常駐。銀座4丁目の時計塔を正面に見ながら、フルーツカクテルやシャンパンが飲めるテラスはそうはない。テラス席はSNS用の写真撮影の、格好の場所となっている。
11時と16時に焼きあがる「ブリオッシュ」1,500円は予約も可能。
ティエリー・マルクスのシルエットをデザインしたボックス入り「ブリオッシュ」の販売も。表面はサクサク、中はしっとり。北海道産小麦の香り、フランス産発酵バターのコク豊かな一品は11時と16時の焼き上がりで、各回36個限定だ。
〈ビストロ・マルクス〉のエントランスにある棚に「ブリオッシュ」入りの箱が並ぶ。
銀座で「お茶したい」から「軽く食べよう」「贅沢なディナー」「ちょっと飲みたい」まで、幅広い期待に応えてくれる。

THIERRY MARX(ティエリー・マルクス)

東京都中央区銀座5-8-1
GINZA PLACE7F TEL 03 6264 5045。11時30分〜14時LO、17時30分〜21時LO。日曜休(不定休あり)。料理はコースのみ、ランチ15,000円、ディナー20,000円〜。ワインはグラス1,800円〜、ボトル7,000円〜、デギュスタシオン12,000円〜。要予約。公式サイト

BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)

東京都中央区銀座5-8-1
GINZA PLACE7F TEL 03 6280 6234



〈ビストロ&ブーランジェリー〉11時〜23時(22時30分LO)。不定休。



〈プレミアムテラスバー〉23時〜翌1時30分LO。日曜・祝日休(不定休あり)。料理コースはランチ3,800円〜、ディナー6,800円〜。ティータイムセット2,000円〜、アラカルト1,200円〜。公式サイト

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます