坂 茂設計の宿ではじまった食プロジェクト。第一弾は冷水希三子の朝食です。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

坂 茂設計の宿ではじまった食プロジェクト。第一弾は冷水希三子の朝食です。

昨年、長野県・軽井沢町にオープンした全10室のブティック・リゾート〈ししいわハウス〉。”サステナブル”をキーワードにスタートした食の企画、第一弾は料理家・冷水希三子さんによる朝食プロジェクトです。

「バターナッツスクワッシュのポタージュ 山の恵のシリアル」。信州中野で栽培されているシャルドネを使った干しぶどうが柔らかな甘みに。
蒸しカブのチーズソースやカブの葉のオイル蒸し、地産の野菜を使ったリーフサラダなど朝に嬉しい野菜たっぷりのメニュー。自家製のドレッシングやマスタードには近くの農園のりんごがたっぷりと使われている。
この日のメニューは秋のもの。次は冬の素材を使って新しいメニューが生まれる。
「坂さんが設計した空間に合うものを、と思うと自然と素材を生かして手を加えすぎない料理になった」という冷水さん。その味はあくまでも優しく、どんな状況でも体に染み渡る。そこには、「昨日遅くまでお酒を飲んだ人も、朝から元気に動きたい人も、全員が楽しめる味を」という心づかいがあるという。

秋には紅葉が、冬には雪が。どんな季節も美しい色に染まる軽井沢の自然。そんな景色を眺めながら食べる、四季折々の素材をふんだんに取り入れた冷水さんの料理は、きっと何よりの思い出になるはずだ。
冷水希三子さん。
館内はすべて坂によるデザイン、もしくは坂自らがセレクトした家具やインテリアを設えている。
坂らしく紙管を使った家具も。
共用エリアのリビングルーム。

〈ししいわハウス/SHISHI-IWA HOUSE〉

長野県北佐久郡軽井沢町長倉2147-646 TEL 080 7691 6020。全10室。一泊朝食付き2名1室52,000円~(サービス料12%・税別)。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます