進化系フルーツサンドを〈エトワール麻布〉で発見|寺尾妙子のNEWSなレストラン | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

進化系フルーツサンドを〈エトワール麻布〉で発見|寺尾妙子のNEWSなレストラン

旬の国産フルーツを主役にしたデザートが話題のシャンパンバー〈エトワール麻布〉。元ミシュラン2ツ星フレンチのパティシエが手がける進化系フルーツサンドは必食だ。テイクアウト&デリバリーにも対応する。

「本日のスイーツサンド 〜オープンスタイル」1,200円〜。グラスシャンパン1,200円〜。
ジャック・セロスのイニシャルやルイ・ロデレールのクリスタルなど、約30種類をオンリスト。100分5,000円のフリーフローも。
左から、パティシエ の福間大地。1988年、広島生まれ。〈エコール クリオロ〉などのパティスリー、ミシュラン2ツ星フレンチ〈エディション コウジ シモムラ〉などで修業。オーナーソムリエ、稲吉矜恃。1989年、埼玉生まれ。修業先はフレンチ〈ル・マノアール・ダスティン〉など、イタリアンバル〈ビストリア〉のオーナーシェフでもある。シェフ、佐藤塁。1986年、秋田生まれ。稲吉の店〈ビストリア〉シェフを経て、2020年2月より現職。
カウンター11席、テーブル8席。個室1室(4席)。
合わせたいドリンクはシャンパン。パティシエの福間、シェフの佐藤、そしてオーナーの稲吉矜恃の3人ともソムリエで「フルーツにはシャンパンが合いますから」と口を揃える。クリスタルやドン・ペリニヨンなどの大手も押さえつつ、ブドウ栽培から醸造まで一貫生産している小さな造り手(レコルタン・マニュピュラン)の銘柄を推す。また、しっかり食べたい向きには、肉や魚、パスタなどのイタリア料理も控えている。

フルーツ系スイーツを主役に、自在に楽しみたい店だ。

〈エトワール麻布〉

東京都港区麻布十番2-1-1 あべちゃんビル3F TEL 03 6884 1888。11時30分〜14時LO、18時〜22時30分LO。日曜・祝日休。2020年2月オープン。スイーツサンド1,200円〜、ランチ1,500円〜。夜はチャージ500円、料理1,000円〜、コース5,000円〜。シャンパンはグラス1,200円〜、ボトル8,000円〜。 ※現在、イートインは休業中。テイクアウトとUber Eatsでのみ12時〜22時(土曜17時〜22時)で対応。テイクアウトメニューはInstagram@etoile_azabuにてご確認を。

寺尾妙子

てらおたえこ  食ライターとして雑誌やWEBで執筆。好きな食材はごはん、じゃがいも、トリュフ。現在、趣味の茶の湯に邁進中。

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます