和食とワインを〈時喰み〉でカジュアルに。|寺尾妙子のNEWSなレストラン | ページ 3 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

和食とワインを〈時喰み〉でカジュアルに。|寺尾妙子のNEWSなレストラン

銀座の名店〈徳うち山〉が手がけるワイン居酒屋〈時喰み(ときはみ)〉でカジュアルに割烹の味を堪能したい。

左から料理長の佐々木寛和、オーナーの工藤淳也、ソムリエールの久保岡奈美。
ワインはグラスで5種類プラス、シャンパーニュ1種。自分の好みを伝えればソムリエールが合うものを選んでくれる。また、持ち込みも可能(1本につき持ち込み料4,000円)。
カウンター5席、テーブル7席。
注文はお酒1杯以上がマスト。あとはごはんものだけ頼んで、サクッとも。
深夜の腹ペコも、銀座でおいしい和食が迎えてくれる。

〈時喰み(ときはみ)〉

東京都中央区銀座3-11-6 鈴木ビル2F右手側 TEL 03 6264 2809。17時30分〜翌3時LO(2時30分までに連絡がない場合は閉店、土曜〜23時LO)。日曜•祝日休。テーブルチャージ600円(22時〜1,000円)。料理800円〜。生ビール800円、日本酒グラス700円。ワインはグラス800円〜、ボトル4,800円〜(以上、税込)。混雑時は時間制限(2時間〜2時間半)あり。

寺尾妙子

てらおたえこ  食ライターとして雑誌やWEBで執筆。好きな食材はごはん、じゃがいも、トリュフ。現在、趣味の茶の湯に邁進中。