神の手!? カリスマが焼く、神戸系お好み焼き〈ながおかのおっさん〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

神の手!? カリスマが焼く、神戸系お好み焼き〈ながおかのおっさん〉|寺尾妙子のNEWSなレストラン

伝説の職人がひとり、鉄板カウンターに立つ〈ながおかのおっさん〉が広尾にオープン。つまみも豊富でリーズナブル、深夜まで営業と使い勝手もよく、注目を集めている。

温かいホクホクのジャガイモを味わう「カラスミポテトサラダ」700円。
シャキシャキの玉ネギと自家製マヨネーズを加えながら、ジャガイモを焼き続ける。
ヘラで全体を混ぜ合わせる間も、ジャガイモが焼ける香りが立ち上る。
「カラスミポテトサラダ」も想像の斜め上をいく一品。皮付きのジャガイモを丸ごと鉄板の上で潰しながら焼くという、特製バージョン。自家製マヨネーズや玉ネギと和えて、最後にカラスミをたっぷりかけて完成する。

カウンター席を選べば、料理が出来上がる過程を見るだけでも楽しい。
「すじの作焼」1,200円。牛すじはゴロゴロと大ぶりながら、とてもやわらか。作焼にプラス料金で牛すじに変更したもの。
「ながおかのハンバーグ」1,500円。下には平たく潰して焼いた皮付きジャガイモが。
メニューは豊富で、炒めた野菜や肉を玉子で包むとん平焼きをアレンジした「作焼」やデミグラスソースをかけたハンバーグやTボーンステーキ、豚、鶏などの肉ものやミノやホルモンなどの内臓系の鉄板焼きも逸品揃いだ。
会員プログラム

登録者数12,000人突破!

建築家のアトリエ見学/名作家具プレゼント/限定メールマガジン…すべて無料。

建築家のアトリエ見学に、名作家具プレゼントも。

いますぐ登録!