ファッションブランドが生み出す、魅力的な器10。 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ファッションブランドが生み出す、魅力的な器10。

ファッションブランドの世界観をダイニングでも楽しみたい。そんな夢を叶えてくれる器を見つけました。熟練の職人が手がけたマグカップから遊び心溢れるポップな花瓶まで、個性豊かなアイテムが勢揃い。ファッションブランドのDNAを通じて、細かい部分までこだわり抜いた器が集結です。普段の暮らしを特別なものに変えくれるアイテムを見つけてみませんか。

〈UNDERCOVER〉

クラシックかつポップなのにぴりりと毒の効いたイラストがまさに〈アンダーカバー〉。お皿としてはもちろん、アートとして壁にもかけたくなるデザインだ。不定期に発売しているアイテムだからこそ、気に入ったデザインを見つけたら、すぐに手に入れたい。メラミン皿各4,000円 高さ1cm×幅20cm。(アンダーカバー/アンダーカバーTEL 03 3407 1232)

〈マーガレット ハウエル ハウスホールドグッズ〉

温もりを感じる色味とボトムのたっぷりとした膨らみが愛らしい。手仕事の温もりを大切にする〈マーガレット・ハウエル〉ならではの水差しは、ロンドンのスタジオで、制作活動を続ける陶芸家二コラ・タッシーによるもの。イギリスの伝統に基づいた作風の彼女が作る水差しは、独特のフォルムと質感が魅力的だ。水差し各25,000円 高さ11cm×幅12cm。(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ/アングローバルTEL03 5467 7864)
京都・宇治にて400年に渡り茶器を中心とした器を作り続けている窯元〈朝日焼〉のカップは、〈マーガレットハウエル〉仕様にスペシャルオーダーしたもの。熟成された宇治の土と松割木の炎がもたらす繊細な色味と削りだしで追求した口あたりの良さがポイント。長く使い続けたい一品だ。カップ各8,000円 高さ7cm×幅5cm。(マーガレット・ハウエル ハウスホールドグッズ/アングローバルTEL03 5467 7864)

〈seya〉

ぽってりと厚みのある皿はゆったりとしたウェーブを描き、波を連想させる輪郭が心地良い。旅から得たインスピレーションをもとに毎シーズン、コレクションを発表する〈セヤ〉。2018年春夏コレクションは映画監督のウォンカーウァイが手がけた映画『ブエノスアイレス』をテーマにした。プレートに描かれた貝と戯れる人々の姿は、異なる文化が混ざり合ったブエノスアイレスを彷彿とさせる。各39,000円 高さ2cm×幅17cm。(スーパー エー マーケットTEL 03 3423 8428)

〈sunspel〉

薄く硬質な磁器とコバルトの釉の青、シンプルを極めたフォルムが印象的なマグカップ。イギリスの陶芸家、バーナード・リーチと日本を代表する陶芸家、濱田庄司によって設立されたセント・アイヴスの製陶所〈リーチ・ポタリー〉で製作された。左からラージマグ5,000円高さ10cm×幅7cm、スモールマグ4,000円 高さ7cm×幅5.5cm。(サンスペル 表参道/サンスペルTEL03 3406 7377)
独特のフォルムと女性らしい色のグラデーションが美しい。手がけたのは、イギリスを拠点に活躍するプロダクトデザイナー、レイコ・カネコ。独特な色合いの陶器は、母国である英国のランドスケープをイメージした。ひとつひとつ手づくりの温かみを感じさせる花瓶やジャグなどは、置いてあるだけでも絵になる。左からスモールジャグ4,500円高さ6cm×幅6cm、ベース(大)18,000円 高さ19cm×幅6cm、ベース(小)8,000円 高さ11cm×幅5cm。(サンスペル 表参道/サンスペルTEL03 3406 7377)馬のキーホルダー/スタイリスト私物。

〈Supreme〉

ストリートブランドらしいパンチのあるデザインは、さすが〈シュプリーム〉。セラミック製の花瓶に、人でアルファベットを表現した人文字のグラフィックがプリントされている。植物を入れるプラントポットとしてだけでなく、オブジェとしても存在感がある。スペルの中にはストリートブランドらしい言葉が隠れている。毎シーズン、さまざまなアイテムを発表している〈シュプリーム〉だからこそ、今だけのアイテムは強奪戦になりそうな予感。12,000円 高さ21cm×幅9cm。(シュプリーム/シュプリーム TEL03 5456 0085)

AIがあなたにおすすめ

※過去の記事も表示されます