古今東西 かしゆか商店【だるま】 | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

古今東西 かしゆか商店【だるま】

『カーサ ブルータス』2019年2月号より

日常を少し贅沢にするもの。日本の風土が感じられるもの。そんな手仕事を探して全国を巡り続ける、店主・かしゆか。2年目となる2019年のスタートは、群馬県の高崎市へ。招福と厄除けの縁起物、高崎だるまのつくり手を訪ねた。

だるまの鋳型を拝見。代表の旭剛正さんと。
成形した生地を乾燥棚に運ぶ職人。「陶芸の窯元みたい」とかしゆか店主。
だるまの鋳型を拝見。代表の旭剛正さんと。
成形した生地を乾燥棚に運ぶ職人。「陶芸の窯元みたい」とかしゆか店主。
心がギュッとなったのは、「身長5cmくらいから70cm超えまでいろいろありますが、大きくても小さくても工程や作業は変わらないんですよ」と教えてくれた女性職人さんの姿。手のひらに乗るくらい小さなだるまに色を塗る様子が、大事な子どもたちをひとりひとり育てているみたいに見えたんです。そういえば、型から出した生地の仕上げをしていたベテランの方の仕草も、だるまの頭を優しくなでているようだった。ひとつひとつ愛情たっぷりにつくられているんですね。
定番の赤以外に白い小だるまも。
「小さくてもどれも顔や雰囲気が違う。真剣に選びたくなりますね」。
定番の赤以外に白い小だるまも。
「小さくてもどれも顔や雰囲気が違う。真剣に選びたくなりますね」。
本来の高崎だるまは、買う人の願いごとを金文字で描き入れるオーダー品ですが、今回は福の文字を入れた「福だるま」を買い付けました。みなさんの新しい一年に、福がやってきますように。

福だるま 作/だるまの幸喜

手のひらに乗るミニサイズを紅白で。「0.3丸」 高さ約5cm、各200円。サイズは17種類。左右の金文字は注文に応じて描かれる。

だるまのこうき/群馬県高崎市上大島町12-7 TEL027 344 1043。販売所も併設。

樫野有香(かしゆか)

樫野有香(かしゆか) テクノポップユニットPerfumeのメンバー。3月からはアルバム『Future Pop』を掲げて北米・アジアを巡るワールドツアーへ。最近は着物や帯へ興味が湧いてきた。www.perfume-web.jp