福岡の〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉|川合将人のインテリアスナップ | ページ 2 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

福岡の〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉|川合将人のインテリアスナップ

インテリアスタイリストが街で見つけた素敵な空間を紹介する連載5回目は、福岡のショップ〈ライトイヤーズ〉と〈1834〉。手仕事から生み出された魅力的なアイテムを揃える2つのお店には、空間を彩るアイデアが満載です。

〈1834〉

ホワイトとベージュでまとめられた〈1834〉の店内。大型のミラーボールや連続する金属シェードの照明など、クセの強いアイテムがミックスされていながらも、サイザル麻のカーペットのベージュが優しい雰囲気を醸し出す。
続いて訪れたのは、世界各地のカゴを扱うショップ〈1834〉。ライトイヤーズ同様、空間のベースは白い壁と天井、什器はヨーロッパの木製アンティーク家具を用いていますが、エントランスに設置された迫力満点のミラーボールや、球状の金属シェードが連結した照明など、ややクセの強いアイテムがミックスされているところがおもしろいです。床に敷いたサイザル麻のカーペットの暖かい雰囲気も魅力的でした。
ショップカウンターの奥にあるミラー仕上げの大きなアンティーク扉が、空間をより広く明るく見せている。扉は開閉式で、中は収納スペースになっている。
金属製の球状シェードが連結された照明は、イタリアの作家によるもの。天井高のある空間だからこそ使える照明だが、これでもオリジナルの状態よりシェードひとつ分ほど短く加工して設置してあるそうだ。非売品。
ショップカウンターの奥にあるミラー仕上げの大きなアンティーク扉が、空間をより広く明るく見せている。扉は開閉式で、中は収納スペースになっている。
金属製の球状シェードが連結された照明は、イタリアの作家によるもの。天井高のある空間だからこそ使える照明だが、これでもオリジナルの状態よりシェードひとつ分ほど短く加工して設置してあるそうだ。非売品。
ショップカウンター奥の壁に設置された、ミラー仕上げの大きなアンティーク扉も印象的です。シャビーすぎない適度なエイジング具合と分割されたミラーの反射効果が独特の奥行きを演出し、民芸のカゴが並ぶ店内でモダンアートのような存在感を放っているように感じました。
ベルギーの縫製工場で使用されていた、取っ手付きの編みカゴ。なんと100年前くらいに作られたものらしい。写真のものは破損している一部分を木製の糸巻きを使って補修されているところがキュート。
ショップオリジナルのソファ。木製の脚部と本体はオーク材。シートと大きな背もたれのクッションに使用する生地は、〈ライトイヤーズ〉で販売している、3種の後染めキルトから選べる。
ベルギーの縫製工場で使用されていた、取っ手付きの編みカゴ。なんと100年前くらいに作られたものらしい。写真のものは破損している一部分を木製の糸巻きを使って補修されているところがキュート。
ショップオリジナルのソファ。木製の脚部と本体はオーク材。シートと大きな背もたれのクッションに使用する生地は、〈ライトイヤーズ〉で販売している、3種の後染めキルトから選べる。
店内にはアジアやアフリカの貴重な工芸品など、細かな手仕事が魅力的な世界各地のカゴが並んでいます。中で気になったのは、ベルギーの縫製工場で使われていた取っ手付きの大きな編みカゴ。およそ100年前に作られたものらしいのですが、複数あるうちの1点に、破損した部分が糸巻きの部品で補修されたものを見つけました。見た目のかわいらしさに加え、きっと工場の誰かが挿したのだろう、ストーリーを感じさせる意匠が気に入りました。

〈ライトイヤーズ〉の後染めキルトをシートやクッションの生地に使用したシンプルなスタイルのオリジナルソファも、テキスタイルの楽しみ方やアレンジ方法をシンプルに感じられ印象的でした。

〈1834〉

福岡市博多区住吉2-20-3 ※完全アポイント制につき、電話、問い合わせはライトイヤーズまで。

関連記事福岡の〈モアライト〉|川合将人のインテリアスナップ

川合将人

かわいまさと  雑誌、カタログ、広告などでインテリアスタイリストとして活躍。イベントの会場構成、ショップやハウスメーカーの空間を数多く手がけ、執筆活動も行っている。